夏の高校野球・奈良大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度B

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球奈良大会の注目選手です。ドラフト注目度B。

スポンサーリンク

注目選手

奈良大付の岸本佑也選手は、プロのスカウトが高く評価する強打者。投手としても147キロを記録する強肩で、ショートとして強い送球を見せる守備も評価が高い。ドラフト会議での指名が有力視される。

天理高校の松本大和選手も投手として144キロを記録する強肩内野手だが、特に鋭い打球を広角に飛ばす打撃が注目され、高い打率と長打を記録する。

智弁学園は外野手と投手の兼務で145キロを記録する巴田琉碧選手が注目、小学生時代から世代をリードしてきた選手で、高校最後の夏に甲子園でプレーを見せたい。

橿原学院の沢辺孝良投手は177cm82kgの右腕で最速143キロのストレートにプロ複数球団が注目している。

その他の選手

天理は大谷汰一選手が184cmの右の大砲で、春も2本塁打を放つなど長距離砲として将来が期待される。捕手の赤埴克樹選手も守備が安定し、弟で2年の赤埴幸輝選手がショートとして素晴らしいプレーを見せる。エースの麻田悠介投手は164cmの左腕だが、キレの良い2種類のスライダーと130キロ中盤のストレートで三振を奪う。

智弁学園はエースの180cm左腕・田近楓雅投手がピッチングの組み立てが上手い投手、2年の青山輝市投手が187cm95kgの右腕投手で重い速球が武器。ショートを守る知花琉綺亜選手も180cm82kgの大型選手で更に成長が期待される。2年の今井蓮選手も小学生、中学生でこの世代をリードしている選手。

高田商の仲井颯太投手は178cmの左腕投手で、130キロ中盤のストレートにカーブ、スライダーをうまく使う。法隆寺国際の先川和虎投手も力のある球を投げる。

橿原高の吉岡一輝選手は170cmの外野手で、俊足の3番打者としてチームを引っ張る。

2024年度以降-高校生-奈良県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント