夏の高校野球・岩手大会(2024)の注目選手、ドラフト注目度B

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース

夏の高校野球岩手大会の注目選手です。ドラフト注目度B。

スポンサーリンク

注目選手

一関学院の高沢奏大選手は188cm85kgの大型左腕投手で、1年夏の甲子園での登板から期待感が高く、完成度の高さが伸びた感じだが、146キロの球速も更に磨いてより大きな投手になって欲しい。

花巻東の小松龍一投手は178cmの右腕で2年時に147キロの球を投げて甲子園でも注目された。故障などによりその後の活躍が見られないが、持っている素質は高い。そして花巻東は2年の金野快投手が187m85kgの左腕で146キロを記録し、右腕の天野博之投手が182cm75kgから146キロを記録、1年の赤間史弥選手が180cm98kgのスラッガーでいきなりホームランをかっ飛ばしていて、佐々木麟太郎選手に近い数字を残すかもしれない。

その他の選手

花巻東は田崎晴大投手も140キロを記録し、2年の鈴木有堂投手が144キロ、加藤鷲投手も145キロを記録する。そしてエースの葛西陸投手は左から技巧的な投球を見せ、これらの投手陣をリードする千葉爽聖捕手は投手から転向したが高い信頼があり、打撃や足でも評価が高まっている。攻撃陣では3年生の藤原凛人選手の打撃の能力が高く、2年の新田光志朗選手の長打力も将来が楽しみ。

盛岡大付も2年の左腕・金井拓海投手は146キロ、土井颯雅投手は145キロ、若林真大投手も141キロを記録し1,2年生世代が注目されるが、どっしりとした打撃の山本世波選手やキーマンの桜庭千晃選手、そしてホームランを打てる森谷光佑選手の3年生が攻撃をリードする。

一関学院は小山礼莉投手も180cmから141キロの球を投げる力があり、梅田昇希捕手が二塁送球1.9秒台で高沢投手などこれらの投手をリードする。登嶋直人選手はまだそのポテンシャルを見れていない。

盛岡中央は攻守の中心・小山大成選手を軸に左腕の中清水宏成投手も130キロ後半の球をグイグイ投げ込んでくる。コントロールも良い141キロ右腕の北田博哉投手も活躍期待。

盛岡三の藤枝歳三投手は175cm82kgの右腕で143キロの速球とチェンジアップを使う投手。大東高の千葉快陽投手は176cmの右腕で130キロ後半の速球に威力がある。西和賀の高下剣志投手も181cm85kgの体から130キロ後半の速球を投げる逸材。

専大北上の高橋昇聖選手は木製バットで2打席連続ホームランを放つスラッガー。盛岡商の高橋遥都選手は昨夏に3本塁打を放ち、春もホームランを放っていた。177cm83kgと体もがっしりしている。

久慈高校の2年生・宇部奨人投手は167cm55kgの左腕投手でキレの良いストレートでクロスファイアを決めれる。

2024年度以降-高校生-岩手県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント