東海大相模・遠藤裕也選手が場外ホームランで通算30本塁打!

東海大相模, 遠藤裕也

 秋季高校野球神奈川大会では東海大相模vs慶応高の対戦が行われ、1番サードで出場した遠藤裕也選手が3回にレフト場外に特大のホームランを放つと、5回には先頭打者で右中間に3ベースヒットを放ち、その後、同点のホームを踏むなどチームの勝利に大きく貢献した。

 遠藤裕也選手は185cm88kgの大型スラッガーで1年生の時にいきなり4番に抜擢され、2年生の夏は遊撃手としてプレーするなど期待されていた。

 練習試合などでは29本塁打を記録し、夏の神奈川大会では13打数5安打5打点と活躍するも公式戦でのホームランは0本だった。この日、公式戦でしかも慶応との試合で場外弾を放ったことで、来年のドラフト候補として一気に注目度が上がりそうだ。

遠藤通算30号「松井を打つ」 - スポーツ報知紙面:2012/09/16

 


PAGE TOP