コロンビア戦、藤浪晋太郎投手が5回まで3失点

  日本代表は14時からコロンビアと対戦中。先発は藤浪晋太郎投手、ストレートは150km近い球速が出ていたものの、このストレートとスライダーにコロンビアのバッターが当ててきて空振りを奪うことができずに、球数を投げさせられた。

 2回に森友哉のパスボールと悪送球で1失点、5回にはエラーと四球でランナーを貯めると、3番、4番のタイムリーで2失点、0-3でコロンビアにリードを許した。6、7回は光星学院・城間竜兵投手が粘りのピッチングを見せると、8回から登板した大塚尚仁投手が三者連続三振を奪うなど無失点に抑えたものの、打撃陣が点を奪えず、0-3で敗れました。

1 森友哉   キャッチャー
2 伊與田一起 セカンド
3 田村龍弘  サード
4 大谷翔平  DH
5 高橋大樹  レフト
6 水本弦   センター
7 笹川晃平  ライト
8 金子凌也  ファースト
9 北條史也  ショート

 第2ラウンドでは、第1ラウンドの対戦成績がそのまま反映するため、第1ラウンドで対戦した台湾○、カナダ●の結果も合わせて1勝2敗となりとなった。明日の韓国戦、明後日のアメリカ戦に連勝できなければ、1,2位の決勝戦には出場が難しくなる。


PAGE TOP