渡辺諒選手が2ランホームラン、園部聡選手が2本の2ベースなどドラフト候補が躍動、18Uワールドカップ

渡邉諒, 森友哉, 園部聡, 上林誠知, 内田靖人, 熊谷敬宥, 吉田雄人, 奥村展征

 18Uワールドカップ、キューバ戦が接戦が予想されたが、ふたを開けると日本のドラフト候補打線が10点を奪いキューバ投手陣を粉砕した。これで第2ラウンドは2試合でコールド勝利となった。

 2回に4番の内田靖人選手がサードへの内野安打で塁に出ると5番の園部聡選手が送りバントを初球で成功させ、6番の渡辺諒選手は内野フライも7番の奥村展征選手がセンターへ強い打球を放ちゴロで外野を抜ける3ベースヒットを放った。常総学院の4番、聖光学院の4番が繋ぎ、日大山形の4番で先制した。

 4回は3番・森友哉選手、4番・内田靖人選手が三振に倒れ相手投手が勢いに乗るかというところで、5番の園部聡選手が左中間のフェンス付近に2ベースヒットを放ち、6番・渡辺諒選手を迎える。渡辺選手はボール球を見逃し、コーナーのきわどい球に喰らいついてカウントを3ボール2ストライクに持っていく。そこでファールで粘ったあとに高めのストレートをレフトスタンドポール際に運んだ。

 相手投手も140km/h中盤を投げる投手だが、打席内で変化球を見逃し、くさい球をカットして甘い球を仕留めるという余裕があり相手投手を支配した打席だった。カットしながらも甘い球をホームランを打てる打撃の技術は今すぐプロでも通用すると感じた。高橋周平選手が2011年の世界選手権で木製バットで横浜スタジアムのスタンドに運んだが、東海大甲府の後輩・渡辺選手も続いて見せた。高橋選手はドラフト1位で3球団が競合している。渡辺選手はどうなるのか。

 5回には1番の吉田雄人選手がカウント3-2で粘って高めのストレートをセンター前にヒットすると、2番の熊谷敬宥選手が左中間に3ベースヒットを放ち5点目を奪った。この日の吉田雄人選手は4打数2安打、粘りの打撃とバットコントロールを見せた。吉田選手も間違いなくドラフトで指名される選手だろう。

 8回は3番・森友哉選手のヒットから始まった。先頭打者でライト際にヒットを放つと、足を活かしてセカンドまで好走塁を見せる。4番の内田靖人選手がセンター前にはじき返して1,3塁にチャンスを広げると、5番の園部選手が2本目の外野の頭を越える2ベースヒットで2点を奪う。渡辺諒選手が四球で、奥村展征選手がバントで繋いで1アウト2,3塁になると、途中から出場していた上林誠知選手が三塁線に痛烈な打球を放ち2点タイムリー3ベースを放つ。

 その上林選手を1番の吉田雄人選手がセンター前ヒットで簡単にホームに返す。2番の熊谷選手がライトのエラーでチャンスを広げ、最後は再び森友哉選手が打席に入ると、追い込まれるまでは引っ張って強い打球をうつと、最後は外角の球をレフト方向に放ち、ぐんぐん伸びる打球でコールドサヨナラを決めた。

 4番・内田選手は4打数2安打でチャンスメイク、5番園部選手は2本のタイムリーに2つの送りバントと打線が素晴らしいつながりを見せている。そしてもう一つ素晴らしいのはエラーが無かったこと。特に、セカンド奥村展征選手、ショート・竹村春樹選手、サードの渡辺諒選手の守備陣は抜群の安定感で、投手陣の好投の原動力になっている。外野手もすぐに内野手に返球して隙を見せなかった。

 森友哉選手、渡辺選手もドラフト1位候補だが、園部聡選手も昨年の広島ドラフト1位の高橋大樹選手と比べて遜色は無い。ファーストという点もあるが、ドラフト上位は間違い無さそうだ。吉田雄人選手、内田靖人選手、奥村展征選手、上林誠知選手、全てが個性を持っていて、プロでも将来活躍できる選手だと思う。不作と言われる今年のドラフト会議だが、野手に関してはこの世代が黄金世代となりプロ野球をリードしていくかもしれない。

  豪快なスイングから、打球はあっという間に左翼ポール際へと飛び込んでいった。渡辺諒(東海大甲府3年)は満足げな表情のまま、ダイヤモンドを一周する。「追加点が欲しい場面だったので、一本打ってやろうと思っていました」。4回2死二塁。フルカウントからの内角高め、142キロの直球を仕留め、リードを3点に広げる1号2ランをたたき込んだ。

 前日(5日)の韓国戦では4打数4安打2打点。この日、ついにアーチが飛び出し、2次Rで2戦連続の10―0、コールド勝利に貢献した。7試合で25打数11安打6打点と恐怖の6番打者として君臨。西谷監督が「本来はクリーンアップの選手ですが、あえて打点を稼いで欲しいと思って起用しています」と、期待するとおりの活躍だ。

 今夏の山梨大会準決勝で敗れてから、木製バットでの練習を開始。8月には山梨を訪問したアイオワ州選抜チームと対戦し、今大会に向けて実戦感覚も養ってきた。今秋のドラフト1位候補は「全勝して世界一になりたいです」と宣言。渡辺の勢いは止まりそうにない。

奥村、貴重な先制打でチームに勢い/18UW杯  - サンケイスポーツ:2013/9/7

 18UW杯第6日(6日、日本10-0キューバ=八回コールドゲーム、台湾)奥村が二回2死二塁から、中前への貴重な先制打でチームに勢いをもたらした。

 日本代表として過ごす中で「上には上がいる」と刺激を受けながら今大会7試合中6試合に先発出場。確実に地位を固める男は価値ある一打について「センター返しが一番。(ここ2試合)打てていなかったので良かった」とうれしそうだった。


PAGE TOP