ドラフト1位ルーキー・上茶谷大河投手が今日先発、東洋大先輩と対決

東洋大, 原樹理, 上茶谷大河

横浜DeNAのドラフト1位ルーキー・上茶谷大河投手が、今日のヤクルト戦でプロ初先発をする。ヤクルトの先発は東洋大出身の原樹理投手で、東洋大の先輩との対決となる。

東洋大

上茶谷大河投手が大学に入学した年に、東洋大はまだ東都リーグ2部にいた。そしてその時のエースだった原樹理投手投手が2部でチームを引っ張り、秋の入れ替え戦で駒大・今永昇太投手との投げ合いを制し1部昇格を決めている。そして1部に昇格した東洋大は2017年に春・秋を連覇すると、昨年春は上茶谷大河投手が6勝を挙げて3連覇を達成した。原投手が昇格させたチームが見事に花開き、再びの黄金時代を築いた。

そして今日、2015年のドラフト1位で指名された原投手と、2018年のドラフト1位で指名された上茶谷投手が、東京ヤクルトと横浜DeNAの先発として対戦、上茶谷投手にとってはデビュー戦となる。上茶谷投手は「まさか初登板でこんなことになるとは」と原投手との対戦に驚きをみせたが、「特別な意識を持たずに投げられれば」と、リラックスした表情で今日のマウンドを迎える。

原投手は上茶谷投手について、「直球もそうだが、チェンジアップも凄く良くて、良い投手だなと思っていた」と話したが、「上茶谷と対戦するわけではないので」と先輩の余裕を感じさせた。

因縁の対戦、上茶谷投手が先輩への恩返しとなるか、原投手が後輩にプロの厳しさを教えるか、投球が注目される。

東洋大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

対するヤクルトの先発は大学の3学年上にあたる原に決まった。在学中は1年生と4年生の関係で「雲の上の存在。神様です」という大先輩だが、原の得意球であるシュートの投げ方などのアドバイスをもらったこともある。
原がプロ入り後は、登板試合をテレビやインターネットで追っていた憧れの存在。夢舞台での投げ合いに「まさか初登板でそんなことになるとは…」と身を固くしながらも、「特別な意識を持たずに投げられれば」と集中を誓った。

「直球もそうだが、チェンジアップも凄く良くて、良い投手だなと思っていた」と高く評価しながらも「上茶谷と対戦するわけではないので」と淡々。


PAGE TOP