侍ジャパンU18代表1次候補選手を予想する

センバツもベスト4が出そろった。今日は一日、空き日となる。侍ジャパンU18代表は、4月5日~7日に関西で一次候補の研修合宿を行う予定で、今日以降でその発表が行われそうだ。今年は甲子園大会出場選手外からの選出も多くなるようで、とても当たると思えないが予想をしてみる。

U18日本代表予想

昨年は侍ジャパンU18日本代表メンバー(2018)のように1次候補で30人が選出された。しかし今年は約40人を選出し研修合宿を行うとしている。40人を挙げてみたい。

選手名 高校 特徴・評価など 結果

佐々木朗希 大船渡 昨年も1次候補選出、157キロ投げる右腕
奥川恭伸 星稜 昨年に唯一代表経験、センバツ圧巻投球
及川雅貴 横浜・左 昨年も1次候補選出、左から153キロ
西純矢 創志学園 昨年も1次候補選出、150キロ超に変化球◎
井上広輝 日大三 昨年も1次候補選出、150キロ、キューバ経験
河野佳 広陵 センバツ150キロ、変化球も良い
飯塚脩人 習志野 リリーフで好投、けん制も見事 ×
岩本大地 石岡一 140キロ中盤速球と質の高い変化球 ×
前佑囲斗 津田学園 大型右腕、総合力高く夏まで成長も
野沢秀伍 龍谷大平安・左 抜群の制球に巧みな投球 ×
香川卓摩 高松商・左 安定感十分左腕
林優樹 近江・左 チェンジアップは世界で通用
宮城大弥 興南・左 148キロ記録の左腕は左のエース格に
清水大成 履正社・左 故障明けもセンバツ初戦敗退も良い投球 ×
大畑蓮 明豊 リリーフで140キロの伸びのある球 ×
中森俊介 明石商2年 147キロ投げた2年生世代の筆頭格 ×

東妻純平 智弁和歌山 強肩と本塁打の長打、経験十分
山瀬慎之助 星稜 中学優勝捕手で奥川投手巧みにリード
進藤勇也 筑陽学園 強肩と安定したフットワーク見せる ×
有馬諒 近江 昨夏活躍、強肩強打の捕手で評価高い ×
江川侑斗 大分 落ち着いたキャッチングとスローイング ×
野口海音 履正社 打撃もある強肩捕手 ×


森敬斗 桐蔭学園 センバツNO.1、強い送球と強打
武岡龍世 八戸学院光星 守備、走塁、打撃と3拍子卓越
石川昂弥 東邦 強い打撃のスラッガー、投手兼任
熊田任洋 東邦 ショートで身体能力高い守備
北本壮一郎 札幌大谷 長打力ある大型遊撃手 ×
黒川史陽 智弁和歌山 広角にヒット打つ技術高いセカンド
西川晋太郎 智弁和歌山 ショートで俊敏な動きに打撃も良い ×
紅林弘太郎 駿河総合 長打力ある大型遊撃手、練習試合で本塁打
遠藤成 東海大相模 強肩強打の内野手で投手としても期待 ×
船曳烈士 大阪桐蔭2年 2年生で大阪桐蔭4番打ち強打、大阪桐蔭枠 ×
内山壮真 星稜2年 センバツでは目立たずも昨夏抜群プレー
角田勇斗 習志野2年 センバツで好プレー連発2年生 ×


野村健太 山梨学院 1試合2本塁打に広角にヒット打つ技術
井上広大 履正社 センバツは結果見せられずも強打は定評 ×
神内秦 福知山成美 センバツで俊足見せ足を使える選手と期待 ×
小泉龍之介 横浜 選球眼良く状況に合わせた打撃、強打も ×
橋本吏功 花咲徳栄 抜群の足と外野守備、通算22号の強打も ×
来田涼斗 明石商2年 センバツスター候補、2本塁打に瞬足の1番

人数も各ポジションの割合もまだ分かりません。

最終的には投手8人、捕手2~3人、内野手5~7人、外野手3人の20人に絞られるとみられます。

侍ジャパンU18日本代表メンバー(2018) | ドラフト会議ホームページ2019 Draft home page


PAGE TOP