明治大・森下暢仁投手が153キロ、阪神、オリックスのスカウトが評価

明治大, 森下暢仁

明治大の森下暢仁投手が、この日行われた社会人との対抗戦・三菱日立パワーシステムズ戦で7回に登板すると、153キロの速球を投げ込んだ。

ショートの方がいい!?

7回から登板した森下暢仁投手は、1イニング限定という事もあり150キロ台のストレートを連発、最速は153キロを記録した。それでも1回を1安打1奪三振無失点に抑えたものの、「もっとストレートで空振りが取れないとだめですね」と話し、「これから精度を上げていきたい」と話した。

しかしこの投球を見たオリックスの古屋英夫スカウト副部長は、「寒い中来た甲斐があったよ。リーグ戦になったらもっと良くなるだろうしまた見に来ます」と評価をした。

1イニングで降板した森下投手だったが、なんと8回からはショートの守備についた。試合前のノックでもショートでノックを受けていたといい、阪神の平塚スカウトは「いい送球をしている選手がいるなと思ったら森下だった。ショートの方がいいんじゃないの?」と話した。試合では8回2アウト2,3塁の場面でゴロを難なく処理したが「慎重になりすぎてビビりました」と笑った。

森下投手は「まあボクが試合でショートを守ることはないでしょう。まず投手として頑張っていきますから」と話し、リーグ戦では投手としてチームを優勝に導く意気込みを見せた。

東京六大学では大石達也選手が早稲田大時代に打撃や守備でも評価が高く、実際にリーグ戦でショートで出場したことがあったが、主将でもある森下選手も投手以外での出場というものも可能性がある!?

2019年度-大学生投手のドラフト候補リスト

ネット裏のオリックス古屋英夫スカウト副部長は「寒い中来た甲斐があったよ。リーグ戦になったらもっと良くなるだろうしまた見に来ます」と150キロ連発に満足そうだった。


PAGE TOP