オリックス・沢田圭佑投手が侍ジャパンを2回1安打無失点、藤浪にあいさつ

藤浪晋太郎, 沢田圭佑

侍ジャパンvsオリックスの強化試合では、侍ジャパンの藤浪晋太郎投手と、オリックスの沢田圭佑投手がそれぞれ登板し、大阪桐蔭春夏連覇時のエースと控え投手が、プロの舞台で初めて投げ合った。

大阪桐蔭

大阪桐蔭は2012年に春夏連覇を達成したが、その時のエースは藤浪晋太郎投手、そして控え投手の沢田圭佑投手も甲子園で好投し、他校ならはエースとなれると評判の高い投手だった。

その後、藤浪投手はドラフト1位で阪神に入団すると1年目に10勝をマーク、沢田投手も立教大に進み、1年生の秋に5勝3敗を挙げ、共にチームのエース格として投げていた。あれから4年、沢田投手がプロの舞台に立ち、藤浪投手と同じ試合で今度は相手として投げた。

この日、侍ジャパンで先発した藤浪投手は、先頭打者に四球を与えた後に盗塁を許し、自らのエラーとタイムリーで2点を失った。2回は3人で抑えたものの2回2失点と、不満の残る内容だった。対する沢田投手は6回から登板すると、大阪桐蔭の先輩・中田翔選手から空振り三振を奪うなど、2回を投げて1安打無失点と好投を見せた。

沢田投手は試合前に侍ジャパンベンチを訪れ、大阪桐蔭の先輩である平田選手、中田選手、そして藤浪投手にあいさつをしたという。そして試合でも藤浪投手や中田選手に、名刺代わりのあいさつをした。

ドラフト8位ルーキーという事もあり、現在は1軍生き残りをかける状態だが、ゆくゆくは藤浪投手と同じく侍ジャパンのユニフォームを着て再びチームメイトとして投げてほしい。そして今度は控え投手ではなくエースとして。

大阪桐蔭高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2017年ルーキーの活躍・成績一覧

この日は試合前、三塁側の侍ジャパンサイドを訪れ、高校の先輩の中田、平田、同級生の藤浪にあいさつ。同点の7回にはその中田から空振り三振を奪い、1死一、二塁のピンチでは田中を空三振、代打内川を右飛に打ち取る冷静な投球を披露。


PAGE TOP