広島vs千葉ロッテ練習試合、ルーキー明暗、カープ1位・加藤拓也投手は2回5奪三振

千葉ロッテルーキーニュース 広島カープルーキーニュース

広島vs千葉ロッテの練習試合はルーキー投手に明暗が分かれた形となった。広島ドラフト1位の加藤拓也投手は2回を投げ制球は乱れたものの5つの三振を奪った。ロッテドラフト2位の酒居知史投手は3回8安打6失点と厳しい内容となった。

2回5奪三振

広島カープで紅白戦などで好投を続けてきたドラフト1位の加藤投手が、千葉ロッテとの練習試合で初の対外試合に先発のマウンドを告げられた。

しかし先頭打者に四球を与えると、ヒットの後再び四球を与え、いきなりノーアウト満塁の大ピンチを招く。しかしここからフォークを多投し、主軸の外国人選手と平沢大河選手から3者連続三振の投球を見せた。

2回も先頭打者をヒットでランナーに出すとここでボークを取られる。しかしこの回もこの後に2つの三振を奪い無失点に抑えた。2回2安打2四球5奪三振という内容だった。追い込まれてからバッターに堂々と投げていた加藤投手だったが、「0点で抑えられたのはよかった。球自体はそんなに悪くなかったとは思う。最初は浮足立ったような感じだった」と最初は緊張感があったようだ。

褒められる内容ではなく、大学時もこういうピッチングは何度かあった。しあkし150キロ前後のストレートとフォークボールで立ち直れる所がすばらしく、緒方監督が「ストライクが入らない中でも腕を振っていた。ハートの強さを見せてくれた」と話すように、マウンドで弱気にならない所が魅力の投手だと思う。

3回8安打6失点

一方、千葉ロッテの先発は昨年ドラフト2位の酒居知史投手、紅白戦などで期待されての抜擢だったが、この日は3回を投げたものの8安打6失点、球威、制球も悪く、初回は3ランホームランなどいきなり4失点した。

厳しい表情で登板を終えた酒居投手は、「一回は後手後手になってしまった。全てにおいて甘かったし、勉強になった」と話した。伊東監督は、「今日みたいな投球なら1軍で投げる事はないだろう」と厳しかった。

この他の投手

広島のドラフト3位ルーキー・床田寛樹投手は2回を投げて2安打無失点、左バッターにも右バッターにもインコースを果敢に攻めた。

千葉ロッテドラフト4位ルーキーの土肥星也投手は1回をノーヒット、3人で抑えた。得意のチェンジアップで三振も奪い自信としていた。

慶大時代から逆境でも動じないのが持ち味。「自作自演」からの奪三振ショーに、緒方監督は「ストライクが入らない中でも腕を振っていた。ハートの強さを見せてくれた」と称賛した。

3回8安打6失点。球威、制球ともにいまひとつで、一回に丸に3ランを浴びるなど集中打で4点を失った。「一回は後手後手になってしまった。全てにおいて甘かったし、勉強になった」と厳しい表情だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント