東北楽天ドラフト1位ルーキー・早川隆久投手が初登板初勝利、6回8K無失点の堂々の投球

東北楽天ルーキーニュース

昨年のドラフト会議で4球団が指名競合した東北楽天のドラフト1位ルーキー・早川隆久投手が、プロ初登板で6回4安打8奪三振で無失点の好投で初勝利を挙げ、ゴールデンルーキーの力を存分に見せた。

スポンサーリンク

すべての球種で

早川隆久投手は開幕3戦目の北海道日本ハム戦で先発をすると、最速148キロながら、回転の素晴らしいストレートに、カットボール、スライダー、カーブ、チェンジアップのすべてをバランスよく投げ、6回を4安打8奪三振無失点に抑えた。

3回までノーヒットピッチング。4回に味方のエラーと連打でノーアウト満塁となったが、そこから2者連続三振で2アウトとし、最後はサードゴロで無失点で切り抜ける。また、6回にも長打と四球、ヒットで1アウト満塁のピンチを背負ったが、併殺打に打ち取り、このピンチも無失点に抑えた。

6回104球、堂々の無失点投球に、石井GMも「ルーキーという感じの呼び方ではないピッチング、マウンドさばき、しぐさがプロでしっかりと何年かやってるような感じ。落ち着き払って素晴らしいピッチングでした。」と話した。

プロですでに実績のある投手のような、堂々とした投球だった。マウンドではポーカーフェースで落ち着きがあり、それでいて打ち取るとガッツポーズを見せるなど熱さも感じさせた。

昨年のドラフト会議で4球団が1位指名をした左腕は、やはり只者ではない。これからローテーションをしっかりと投げて行けば、10勝する可能性はかなり高いと思う。さすがのドラフト1位の投球だった。

2020年ドラフト会議、12球団指名選手
2020年のドラフト会議で指名された選手一覧です。ドラフト会議は10月26日に行われ、合計123人が指名されました。

立ち上がりからテンポよく腕を振った。初回を3者凡退に抑えると、3回まで1四球無安打無失点。4回には味方の失策と連打で無死満塁とピンチをまねくが、野村、大田を連続三振、樋口を三ゴロに仕留め、切り抜けた。

4回に4点のリードをもらった。6回に1死満塁と再びピンチを作ったが、樋口を三ゴロ併殺に打ち取り、粘りきった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント