北海道日本ハム、ドラフト3位の岡大海選手がホームラン、横浜DeNA・萬谷康平投手も評価

東北楽天ルーキーニュース 横浜DeNAルーキーニュース 北海道日本ハムルーキーニュース

 北海道日本ハムのドラフト3位・岡大海選手が送りバント失敗したり、オープン戦でプロ1号を放つなど注目度が上がっている。またホームランを打たれたものの横浜DeNA・育成ドラフト2位の萬谷康平投手も評価を上げるピッチングとなった。

 

1つやってくれる

 この日は8番ライトで出場し、5回にはノーアウト1,2塁の場面で送りバントを命じられたが、挙げてしまい捕手へのファールフライに倒れてしまう。しかし、続く8回の打席で、外角よりのストレートを振り抜くと、バックスクリーン左へ130m弾を放った。

 これには栗山監督も「良くも悪くも、どっかで1つやってくれる」とバント失敗とホームランについて話していた。また東京ヤクルトの片岡スコアラーは「振ったような感じがしなくてもあの飛距離。リストが強い。陽のようになれる」と話すと、埼玉西武・千原スコアラーも「身体能力がすごい。肩もめちゃくちゃいいし、足も速い。」と話した。

 

目が離せない存在に

 新庄選手、糸井選手、陽選手クラスの高い身体能力を持つ。足、パンチ力でその素質を見せ、練習などで強肩を見せている。しかし、それだけの素質を持ちながら、日米大学野球では大暴投をしたり、死球を受けてヘルメットを叩きつけて怒ったりと何かやってくれる。

 何かをやってくれる選手として、今後も目が離せない選手になってゆきそうだ。その片鱗をみせた試合だった。

 

打たれた萬谷投手も評価

 岡大海選手に打たれたのは同じくルーキーの横浜DeNAの萬谷康平投手、ミキハウスREDSというクラブチームでプレーし、昨年はクラブ選手権の決勝まで勝ちあがった。ドラフト会議では育成ドラフト2位で指名されてプロ入りし背番号は112を背負うが、2軍のブルペンを視察した中畑監督が「何で育成なの?俺の中ではブルペンでは即戦力の内容だった」と評価されてオープン戦帯同が決まると、この日の登板となった。

 この日も岡選手のホームラン以外は1三振を奪い、伸びのあるストレートで空振りを奪うなど内容は良かった。中畑監督も「内容的には良かった。最後の直球の走りは最高」と話すと、川村コーチも「1軍クラス」と評価している。

 おそらく早いうちに支配下登録となり、今季中に1軍のマウンドを踏む事になりそうだ。

 

 結果を出せない中での一発だった。前日のロッテとのオープン戦は「9番・右翼」でフル出場し、1安打したが3三振。この日も2試合連続でバントミスをするなど失態を犯した。8回無死。冷静になって打席に入ると、中田の言葉を思い出した。「三振してもへこんで帰ってくるな。堂々としとけ。そういうところを(周囲は)見ているから」。目覚めた。育成ドラフト2位の万谷(ミキハウスレッズ)の144キロ内角直球を無我夢中で思い切りかち上げると、弾丸ライナーで左中間席へ突き刺さった。「バントの失敗を何とか取り返そうと思った。気持ちを切り替えてできた」。ベンチでは栗山監督が、中田が、顔をくしゃくしゃにして喜んでいる。普段は物静かな男も、さすがに殻に閉じこもっているわけにはいかない。「少し差し込まれたけど(スタンドに)入って良かった」。この時ばかりはとびっきりの笑顔を爆発させた。

 大学時代は二刀流として注目された。投手として入学した明大の2年春。府中市にあるグラウンドでのフリー打撃で、左翼席後方にある同大野球部で数々の名選手を育て上げた「御大」こと故島岡吉郎氏の銅像までかっ飛ばした伝説を持つ。大学関係者によると、銅像まで飛ばす選手は珍しいという。推定飛距離にして約130メートル。遠投120メートルを投げ、50メートルは5秒7で走る身体能力ばかりが注目されるが、打球の飛距離も魅力の一つだ。

 低い弾道で飛び出した打球は、そのまま左中間フェンスを越えた。しかし試合後は「(ホッとした?)はい。でも課題があるので…」と笑顔なし。中田を打撃投手にバント練習を行うと、最後は特守で汗を流した。

 高い身体能力を誇りながら、まだ粗削りな新人を栗山監督は「何か1つやってくれるし、その逆もある。どこかでやらかす。何かを感じさせる選手であることは間違いない」と評した。完成度は低くても大きな可能性を感じさせる22歳が、定位置取りへ、また一歩前進した。

  DeNAは大敗のなかで、育成枠で入団した万谷が支配下昇格へアピールした。先頭打者の岡に被弾したが、1メートル85の長身から投げ下ろす直球と切れ味鋭いスライダーを武器に後続は無安打とねじ伏せた。

 「練習でやってきたことはそのまま出せた。課題は本塁打。次やるときは(岡を)抑えます」と充実の表情。中畑監督は「内容的には良かった。最後の(西川から見逃し三振を奪った)直球の走りは最高」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント