田中正義投手が152キロ、加藤拓也投手も2回ノーヒットデビュー

加藤拓也, 佐々木千隼, 田中正義

この日は即戦力ルーキーが結果を見せた。福岡ソフトバンクのドラフト1位・田中正義投手はシート打撃に初登板すると、最初こそ緊張から四球を与えたものの、徐々に球速が伸びて152キロを記録した。

ドラフト1位ルーキーが力みせる

田中正義投手は、いきなりチームの主力・松田宣浩選手、内川聖一選手との対戦を迎えたが、松田選手には四球を、内川選手は内野ゴロに抑えたものの、緊張でボールが手につかなかったという。内川選手は「僕と松田には遠慮ぎみでしたね。思い切って投げろコラ、と言いました」と話した。

しかし続く真砂選手には同い年という事もあり緊張せずに投げると、2球目に151キロ、3球目に150キロ、そして4球目は外角に152キロを記録した。それでもなかなか打ち取れなったが12球を投げ、最後は150キロの速球でライトフライに打ち取った。

この投球を見た楽天・小池均スコアラーは「力を入れた状態で実際、球速を上げるのは常人にはできない。普通は力を入れれば球速は落ちる。ギアを上げるという一流投手ができる能力を持っている」と話すと、千葉ロッテ・八島祥司スコアラーも「味方に投げているのもある。現時点で150キロを投げるというのはいいものを持っています」と話した。

一段回ずつ上っている雰囲気がある。順調といえる。

また広島カープのドラフト1位・加藤拓也投手が紅白戦に登板すると、田中、菊池、鈴木誠也の3人を打ち取るなど、2回をノーヒットに抑える好投を見せた。最速は145キロだが鈴木選手のバットを折るなどインコースへの力のある球は威力十分、緒方監督も「打者が差し込まれていた。いい球を投げる確率を上げてほしい」と話した。

また千葉ロッテの佐々木千隼投手も打撃練習で初登板し、69球を投げてヒット性の当たりは2本、低めのコントロールができ、フォーク、シンカー、スライダーも決まった。佐々木投手は「打者が立ってみて感覚は悪くなかった」と話した。

立ち上がりは侍ジャパンの松田、内川を迎え、スーパールーキーも人並みに緊張した。「いい格好をしたいと思ってしまった。練習なのに…。大学の時は感じたことはなかった」。空気が乾燥していたこともあって球が手につかず、松田に四球を与えた。遊ゴロだった内川は「僕と松田には遠慮ぎみでしたね。(登板後)“思い切って投げろ、コラ”と言いました」と苦笑いする状態だった。


PAGE TOP