甲斐野央, 杉山一樹

福岡ソフトバンクは、ドラフト1位2位ルーキーの甲斐野央投手と杉山一樹投手が、寺原投手、五十嵐投手などが抜け、故障明けも多い投手陣の穴を埋める期待を背負っている。

杉山一樹

福岡ソフトバンクのドラフト2位ルーキー・杉山一樹投手が、初日からいきなりブルペン入りし、投じられる球にスタッフやコーチから高い評価の声が挙がった。

甲斐野央, 辰己涼介

昨年のドラフト会議で、ともに兵庫県出身のドラフト1位指名選手となった東北楽天の辰己涼介選手と福岡ソフトバンクの甲斐野央選手が、一緒に自主トレを行い早くも対決を行った。

No Image
2018年のパリーグの新人王は、東北楽天の2年目だった田中和基選手が獲得した。昨年の記事ではオリックスの田嶋大樹投手を予想したが、序盤に勝ち星を順調に重ねたものの故障により獲得はならなかった。今年も懲りずに予想してみる。

高橋礼

福岡ソフトバンクは、ドラフト2位ルーキーの高橋礼投手が、明日の日本ハム戦に先発する事が分かった。ソフトバンクの新人の初登板初先発は、2013年の東浜巨投手以来。

藤岡裕大, 高橋礼, 谷川昌希

ルーキーが各球団で力を見せている。福岡ソフトバンクのドラフト2位・高橋礼投手は実戦形式のシート打撃で7人に対しヒット1本と安定した投球を見せた。

高橋礼, ソフトバンク

福岡ソフトバンクのドラフト2位・高橋礼投手が、球団のルーキー投手一番乗りでブルペン入りした。

田中正義

昨年のドラフトで5球団が競合した田中正義投手が初の対外試合での登板を果たし、152キロの速球で1回を無失点に抑えた。

田中正義, 濱口遥大

福岡ソフトバンクはドラフト1位ルーキーの田中正義投手について、今後は2軍で調整していくことを決め、開幕1軍はならなかった。横浜DeNAのドラフト1位・濱口遥大投手は開幕ローテ入りが確実となった。

スポンサーリンク
PAGE TOP