千葉ロッテ・石川歩投手が開幕3戦目登板へ、オリックス・吉田一将投手は2軍降格

吉田一将, 石川歩

 社会人のドラフト1位投手として注目された二人は開幕1軍争いで明暗が分かれる形となった。千葉ロッテのドラフト1位・石川歩投手はこの日、6回4安打3失点とまずまずの内容を見せて開幕1軍を確実にしたが、オリックスのドラフト1位・吉田一将投手は5回7安打5失点で、2軍で調整することが決定した。

 

社会人NO1投手

 JR東日本の吉田一将投手と、東京ガスの石川歩投手、社会人でNO1と評価されていたのは吉田一将投手だった。190cmの身長から140km/h中盤のストレートを低めに投げられる安定感で、都市対抗、日本選手権で準優勝、また東アジア競技大会など日本代表でエースを務めていた。

 しかし、東京ガス・石川歩投手が昨年の初夏から評価を挙げ始め、プロのスカウトに「この1年間で最も成長した選手」と言われるように、秋のドラフト会議では単独指名となった吉田一将投手を上回り、巨人、千葉ロッテの2球団がドラフト1位指名をして、社会人NO1の評価を最後に勝ち取った。

 吉田一将投手はキャンプ中に右腕の張りを訴えてスロー調整を続けており、この日もまだ調整不足で初回に4失点してしまう。オリックスの首脳陣も「どれくらいの期間が必要か、いい方法をとりたい」と話し、2軍に降格させて調整をさせる方針を決めた。

 昨日の試合でも低めに投げる制球力はあったが、球威が130km/h後半が中心で、プロではその球は通用しない。あと5km/hは上乗せしなければ、低めの球も変化球も見極められてしまう。まずは球威を取り戻すまで調整をして欲しい。

 

スタミナに課題

 一方、千葉ロッテの石川歩投手は広島とのオープン戦に先発すると、5回まではわずか1安打に抑える好投を見せていたが6回に球速が130km/h台に落ちたところで2ランホームランを浴びてしまう。社会人時代もリリーフで登板したときは150km/hを連発し抑えていたが、先発したときは140km/h前半に抑えながら何とか5回6回を投げていた感じだったので、基本的にはそれほど変わっていないようだ。

 社会人時代も何度か先発に挑戦したものの、大事な場面ではリリーフとして投げていた石川投手、先発として行くならばスタミナの課題をどのように克服するかに注目したい。

 

  「初回がすべてです。あの回がなかったら、もう少しまとまっていたと思うんですけど」。球が真ん中寄りに集まった。1回、多村の同点犠飛後、2死一、三塁からバルディリスへの内角直球が真ん中低めへ。軽々と左翼席上段に運ばれた。8日の巨人戦も3回6失点。オープン戦3試合で防御率は11・00となった。

 「いいものも見えたけど、現時点でごまかせない面もある」。2月のキャンプ中に右肩が張ったこともあり、森脇監督は調整不足と判断。「どれぐらいの期間が必要か、いい方法をとりたい」と2軍での調整を示唆した。

 6回を4安打3失点でオープン戦初勝利を手にしたが、6回に急失速した。球威が落ちた直球を捉えられ、松山に2ランを浴びた。4回に右中指にマメができるアクシデントもあったが「かなりバテました。体力のなさだと思う」。プロの打者に対し「打者全員に全力で投げている」と力の加減の難しさを消耗の原因に挙げた。

 5回まで最速145キロをマークするなど1安打1失点(自責0)と完璧な内容だっただけに、初コンビとなった正捕手・里崎は「疲れると立ち投げになっている」と指摘。伊東監督も「最後は球がふらふらだった。そこから先を頑張らないと」と注文を付けた。


PAGE TOP