千葉ロッテ、ドラフト1位の中村奨吾選手が2本のタイムリー長打、抜群の勝負強さ

千葉ロッテルーキーニュース

 千葉ロッテのドラフト1位ルーキー・中村奨吾選手が中日との練習試合に9番セカンドで出場すると、2ベース、3ベースを記録し、大きくアピールした。

若手内野手も争い

 千葉ロッテは昨年のドラフト会議で、成瀬投手のFA移籍の可能性など投手陣に不安もある中で内野手の中村奨吾選手を単独1位指名した。チームは昨年は鈴木大地選手がショートのレギュラーを獲得したが、セカンドはベテランになる根元選手が終盤に外され、クルーズ選手がセカンドを守っている。

 チームには危機感があり、高濱卓也選手をFA移籍の人的補償として獲得したほか、ドラフト会議でも2011年に鈴木大地選手、2013年には三木亮選手をそれぞれドラフト3位で獲得している。そして昨年はドラフト1位で中村奨吾選手を獲得し、一気に入れ替えをはかる姿勢を示した。

 

抜群の勝負強さ

 ドラフト2位の田中英祐投手の話題が大きく、あまり話題に出なかった中村選手だが、実践でも活躍を見せ続けている。この日は2回に2アウト3塁の場面でキッチリとタイムリー2ベースを放つと、6回にも2アウト2塁の場面でセンターオーバーのタイムリー3ベースヒットを放った。

 昨年、侍ジャパン大学代表ではハーレムベースボールウイークで3度の決勝打を記録し、東京六大学リーグでも、優勝を争う立教大戦3回戦で、延長11回に決勝打を記録するなど、抜群の勝負強さは健在のようだ。

 野球センスは天理高校時代から評価されており、プロでも打てて走れる二塁手として活躍してほしい。

千葉ロッテマリーンズのチーム世代表 | ドラフト会議ホームページ2015 Draft home page

 

 ドラフト1位の実力の一端を披露した。オープン戦で初めて先発メンバーに名を連ねた中村がグラウンドを 気持ち良さそうに駆け回る。2回2死三塁では左中間への適時二塁打で「プロ初打点」をマーク。6回には2死二塁で外角高めの直球を中越えに運び、50メートル6秒0の俊足を生かし三塁を陥れた。2安打2打点。それでも「打てて良かったけど、まだまだこれから。もっともっとアピールしていかないといけない」。 控えめな口ぶりがいかにも中村らしかった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント