明治大・上原健太投手に日米6球団スカウト、ソフトバンクは5人、巨人は4人態勢!

大学野球ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース 巨人ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

 今年のドラフト注目選手、明治大・上原健太投手が沖縄電力戦で先発し、7回6安打6奪三振3失点という内容でマウンドを降りた。この試合には日米6球団のスカウトが視察、福岡ソフトバンクは5人、巨人は4人態勢で視察する熱の入れようを見せた。

内容は不満

 上原健太投手のこの日のストレートの球速は最速で141km/h、それでも6回までは2安打無失点に抑えるピッチングを見せていた。しかし7回、4連打を浴びて3失点、チームも4-6で敗れた。

 「悪いなりでも試合を作れたらと思ったけど」と調子が悪かったようだが、「なんの収穫もなかった。自分なりに何か変化を感じたかったけど」と、キャンプで取り組んできた変化球や、昨年からのパワーアップなどの成果を出すことができなかった。

 善波監督も「変化球が操れていなかった」とコメントしている。

 

スカウトは絶賛

 しかし、視察したスカウト陣の評価は高かった。この日は、福岡ソフトバンク、巨人、横浜DeNA、千葉ロッテ、MLBのドジャースなど日米6球団のスカウトが視察、中でも福岡ソフトバンクは5人、巨人は山下スカウト部長以下4人、横浜DeNAも吉田スカウト部長が視察した。

 巨人の山下スカウト部長は「順調にきている」と話し、「スケールは抜けている。巨人にもいないタイプ。春の結果次第では特Aもある」と話した。巨人の評価システムで特Aランクは、「絶対に指名する選手」という位置づけとなっている。

 横浜DeNAの吉田スカウト部長は「いいものを持っているのは間違いない。キレのいいカーブを身につけたら、すぐに戦力になる」と話すと、千葉ロッテ・永野チーフスカウトも「大型左腕で角度もあり球速もある。それだけで素晴らしい。制球が良く落ちる球を操れるのは巨人・内海みたい」と評価した。

 またドジャース・大慈弥スカウトも「身体能力が高いし、欠点がない投手」と評価した。

 巨人は2年連続で野手の1位指名が続いており、そろそろ現場からは投手の声が出てきそうな感じもする。先発左腕では内海投手や杉内投手が軸となっているが、杉内投手がベテランの域に入っており、2011年に松本竜也投手をドラフト1位で、今村貴信投手をドラフト2位で、高木京介投手をドラフト4位で指名すると、2012年には公文克彦投手を4位で、2013年には田口麗斗投手をドラフト2位で指名するなど、次世代の左腕投手の獲得が続いている。

 福岡ソフトバンクもかつて和田毅、杉内俊哉という左腕王国だったが、今では大隣投手一人になっており、また監督も左腕の工藤監督となった事からも、今年は左腕投手の補強がポイントとなっているようだ。地元福岡出身の駒大・今永昇太投手に注目しているが、沖縄出身の大型左腕・上原健太投手にも注目をしている。5人態勢で視察というのはなかなかない。

 横浜DeNAは今年は先発左腕獲得で間違いなく、千葉ロッテも成瀬投手が抜けた事で左腕が絶対的に足りなくなった。共に左腕投手が最優先に挙がってくるとみられる。

 左腕投手への熱視線は今後続きそうだ。

 

高山俊選手は4の0

 スカウトの目的には、上原投手だけでなく高山俊選手の視察も入っていたと思うが、この日、高山俊選手はノーヒットに終わった。まだ実戦の初戦ではあるが、これが続くと自分の中で「不安」が出てくる。早いうちにヒットが欲しい。

 同じくドラフト候補の大塚健太朗選手は2回にタイムリーヒット、菅野剛士選手は3回に3ランホームランを放つ活躍を見せた。明治大は9回まで4-3と勝ち越していたが、8回から登板していた来年のドラフト1位候補・星知弥投手が9回に3失点して敗れた。

 

明治大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

 

 5人態勢のソフトバンクなど、沖縄のオープン戦では異例の日米6球団16人が集結。とりわけ熱い視線を送ったのが、4人態勢で視察した巨人だ。

 山下スカウト部長は「順調にきている」。1月のスカウト会議で県岐阜商・高橋純平投手(新3年)ら最上位のA評価を6人程度に絞ったが、「スケールはその中でも抜けている。巨人にもいないタイプ。春の結果次第では特Aもある」と評価した。

 

 今秋ドラフト1位候補のエース左腕・上原健太(新4年=広陵)が故郷・沖縄で先発。6回まで2安打無失点と好投したが、7回に3連打を含む4安打を浴びた。この回限りでマウンドを降り、初登板は7回3失点。「特に何の収穫もない。ああいう投球をしているうちには、先発を任せてもらえない」と反省。同じくドラフト1位候補の高山俊中堅手(新4年=日大三)は、4打数無安打だった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント