阪神、東京ヤクルト、北海道日本ハムがキャンプ振り分け、日本ハムはルーキー4人が1軍キャンプスタート

東京ヤクルトルーキーニュース 阪神ルーキーニュース 北海道日本ハムルーキーニュース

阪神、東京ヤクルト、北海道日本ハムの3球団がキャンプの振り分けを発表し、ルーキーでは阪神が6人、東京ヤクルトが4人、北海道日本ハムが4人、それぞれ1軍キャンプに振り分けられた。

スポンサーリンク

阪神

阪神はドラフト1位の佐藤輝明選手、即戦力左腕のドラフト2位・伊藤将司投手、打撃もある4位の即戦力捕手・榮枝裕貴選手、社会人野球で巧みな打撃技術を見せた中野拓夢選手の他、球威抜群もまだ実績の少ない3位の佐藤蓮投手、独立リーグで球威を見せた8位の石井大智投手も1軍キャンプスタートとなった。

佐藤選手は主軸での活躍が期待されているが、ポジションでは矢野監督が外野手として想定をしているものの、大学時代に守ってきた三塁についてキャンプで大山選手と争うことになるのかも注目される。また、二遊間を守れる中野選手が、木浪選手、北條選手、小幡選手、糸原選手などが争う二塁、遊撃のポジションを争うことになる。

捕手は、正捕手として梅野選手の存在は大きいが、怪我をしても出続けなければならないほどの存在となっており、控えの捕手の層とレベルアップをする必要がある。1軍キャンプでは坂本捕手、原口捕手が呼ばれており、榮枝捕手が2番手の位置を確保できるか。

東京ヤクルト

東京ヤクルトはドラフト1位の木澤尚文投手、2位の山野太一投手、4位の元山飛優選手と5位の並木秀尊選手が1軍キャンプスタートとなった。投手陣は右の木澤投手が先発で起用されることになるか、リリーフで力を発揮することになるか。また左腕の山野投手は安定した力を出して1軍に残れるかが注目される。

また元山選手はショートを取りに行く。昨年はエスコバー選手が守っていたポジションが空く形になる。西浦選手、宮本選手、廣岡選手などとショート、サードのポジションを争うことになる。ショートの守備とともに打撃でもアピールして開幕1軍スタメンを狙いたい。

並木選手は大学時代は首都リーグ2部でプレーしており、プロの1軍の投手の投げる球は、かなりの壁を感じることになると思う。しかし得意の足で首脳陣にアピールをし、シーズン終盤で大事な場面で「あの足を使いたい」と思い出させるようになりたい。

北海道日本ハム

北海道日本ハムはドラフト1位の伊藤大海投手、2位の五十幡亮汰選手、3位の古川裕大捕手、そして6位の今川優馬選手が1軍キャンプスタートとなった。1位の伊藤投手は、有原投手が抜けた先発ローテーションの一角を獲る力がある。

五十幡選手は西川選手の後継者として2位で指名されたと思うが、西川選手が残留となり、1番センターのポジションをガチで争うことになる。足と守備は互角にできると思うので、打撃でどこまで追い上げられるか。

日本ハムは昨年は清水選手、宇佐美選手がほぼ2人でマスクを被ったが、キャンプではこの二人とともに選ばれ、期待の高さがうかがえる。経験では劣っているものの、長打力など打撃に関しては非常に高い物をもっており、まずは打撃の練習で首脳陣の目を惹きたい。

今川選手も打撃では社会人屈指の存在だった。キャンプでは大田選手、近藤選手、松本選手、浅間選手と、西川選手、五十幡選手が外野手の1軍スタート組だが、まずは松本選手、浅間選手との争いで、「1軍に置いておいてベンチに置いておきたい。」または「代打で使いたい」と首脳陣から思わせるように、ベンチを盛り上げ、長打力を見せつけたい。

2021年キャンプ、ルーキーの振り分け一覧
2020年のドラフト会議で指名された選手の、キャンプのスタートの振り分け状況です。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント