2021年ドラフト候補で評価が急上昇するかもしれない選手〜高校生投手編〜

ドラフト候補リスト 高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

2021年注目の高校生のドラフト候補~投手編~で、現時点で注目されている高校生投手を紹介したが、他にも、秋までにかなり高く評価されるのではないかと思う選手も多い。そんな選手を紹介して行きます。

スポンサーリンク

高校生投手

青森山田は、一昨年は堀田賢慎投手が151キロの速球を投げ、巨人のドラフト1位で指名を受けた。また昨年も小牟田龍宝投手が150キロを記録し、ドラフト候補として注目された。今年は藤森粋七丞投手が現時点で146キロを記録している。U15代表を経験し中学時代から有名だった投手で、昨年夏も短いイニングを見たが、勢いのあるフォームと力強い球を見せていた。今年は夏前までには150キロのニュースも聞かれそうだ。

常総学院も昨年は菊地竜雅投手が152キロ、一條力真投手が148キロを記録し、プロ志望届を出せば指名の可能性が高かった。そして今年も秋本璃空投手が145キロ、大川慈英投手が144キロを記録している。力投形の秋本投手は菊地投手のようにパワーで押し、大川投手はやや低い位置でリリースされる球が伸びてくる。こちらも夏ごろには150キロに迫った球速を出しているのではないかと思うが、まずはセンバツでの投球が注目される。

東京では関東第一の市川祐投手が、リリース時の指の切り方が抜群で非常に回転の良い球を投げる。八王子学園八王子の羽田慎之介投手も191cmの大型左腕で、昨秋に好投を見せてスカウトも注目した。この二人は春、夏に大勢のスカウトが視察し、評価の高いまま秋を迎えるかもしれない。

関東では木更津総合の島田舜也投手、花咲徳栄の高安悠斗投手、帝京の植草翔太投手、145キロの速球を投げる横浜商大高の池田史音投手など、球速も安定感もある大型の右腕投手が多く、この春にものすごい投球をして驚くことになるかも。1年時に注目された浦和学院の三奈木亜星投手も、昨年は調子を落とし、秋は試合にも出られていなかったが、復活を期待したい。

静岡はここ最近、毎年、好選手が多いが、今年も静岡高の190cm右腕・高須大雅投手や掛川西・沢山優介投手、加藤学園・吉村海音投手などが注目されそうで、夏に直接対決などがあれば、大勢のスカウトが集結しそう。しかし東海地区では愛知が、ドラフト1位候補の畔柳亨丞投手を始め、愛工大名電の田村俊介投手、享栄の竹山日向投手、東邦の知崎滉平投手と、今年も有力私学に注目エースが存在する。昨年は中京大中京が高橋投手を中心に投手陣全体がレベルが高かったが、愛工大名電や享栄は140キロ前後を投げる投手が複数人おり、注目を集めそうだ。

激戦区は兵庫でも。センバツに出場するかもしれない阪上翔也投手は145キロの球を投げる二刀流で、それを追いかける投手として、報徳学園の久野悠斗投手は185cmの左腕投手として注目される。神戸弘陵の時沢健斗投手、武庫荘総合の斉藤汰直投手なども注目されている。

山陰からも素晴らしい選手が毎年出てくるが、鳥取城北の山内龍亜投手は183cmの本格派投手で成長を期待したい。九州でも特に福岡は投手の宝庫。昨秋に話題となった九州国際大付の柳川大晟投手と山本大揮投手がどこまで成長してくるか、昨年、山下投手が1位指名を受けた福岡大大濠は、毛利海大投手が注目されるが、他にも投手が出てくるかもしれない。明豊の京本真投手は187cmの大型右腕で潜在能力が高い。城北の永谷魁人投手も本格派右腕でフォームもよく、頭が小さくてスタイリッシュ。投げる球は他の投手と比べて一つ上の印象を受ける。

2021年注目の高校生のドラフト候補~投手編~
2021年の注目の高校生投手のドラフト指名予想をしてみます。
2021年のドラフト候補
2021年のドラフト候補選手一覧です。 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価サイトもご覧ください。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント