日本生命の上西主起選手が5打数3安打3打点でJX-ENEOSに勝利

社会人野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 社会人野球、JABA東北大会が開幕した。注目の好カードとなった日本生命vsJX-ENEOSの試合は1-1のまま延長タイブレークとなったが、日本生命が1年目で4番を打つ上西主起選手の3安打3打点の活躍で勝利した。

投手戦の中に

 この試合、日本生命が6年目の佐川仁崇投手、JX-ENEOSが5年目の大城基志投手のベテラン投手が先発して投手戦となる。大城投手は6回1失点、佐川投手も7回まで無失点、8回に1点を奪われたが好投を見せた。

 JX-ENEOSは7回からリリーフした尾田佳寛投手が最速145km/hを記録、2回をパーフェクトに抑える好投を見せ試合は1-1のまま延長タイブレークを迎えた。尾田投手は183cmの大型投手で東京国際大時代から注目されていた投手。今年2年目でドラフト解禁となる選手で、これから都市対抗等で好投すれば、昨年の森唯斗投手のようにドラフト上位で指名されるかもしれない。

 

タイブレーク男

 日本生命はタイブレークで4番の上西主起選手に打順が回る。上西選手と言えば中部学院大4年生だった昨年の明治神宮大会でタイブレークで特大3ランホームランを放ったタイブレーク男で、この日も2点タイムリーを記録した。

 1年目で不動の4番となり、各大会で活躍を見せている上西選手は、早くも井上晴哉以上と評価が高まっている。打撃だけでなく強烈なレーザービームを見せる強肩外野手としても今後注目されるだろう。

 来年のドラフト会議ではドラフト1位の可能性もある。

 

JX-ENEOS苦戦!?

 都市対抗2連覇をしているJX-ENEOSは今年は苦戦をしている。JABA神奈川大会では優勝したものの、日本選手権対象大会では東京スポニチ大会、静岡大会で予選リーグで敗退している。この東北大会でも初戦で敗れてリーグ突破は微妙となり、残りは北海道大会と昨年優勝で予選が免除されている都市対抗本戦の2大会で優勝しなければ、日本選手権は予選からの参加となる。

 昨年の都市対抗でホームランを連発した石川駿選手はこの日は1番セカンドで出場し4打数2安打とまずまず結果を残している。他にも尾田投手や山崎錬選手など注目選手が多いチームだけに、成績にも注目していたい。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント