日本通運、北川利生選手が3安打3打点、生田目翼投手が147キロデビュー

日本通運, 北川利生, 生田目翼

都市対抗野球、日本通運は三菱重工広島に5-3で勝利した。プロ注目の北川利生選手が3安打3打点の活躍を見せ、9回には155キロ右腕・生田目翼投手が社会人全国デビューをした。

昨年はホームラン

4番・北川利生選手はこの日、初回1アウト2,3塁の場面で、相手投手の投球を冷静に見極めると、甘く入ったフォークを捉えて先制の2点タイムリーヒットを打った。また2回にも2アウト満塁の場面で打席が回ると、カウント2-2と追い込まれてからの真っすぐをセンター前に打ち返した。7回にもセンター前ヒットで、この日は3安打3打点の活躍を見せた。

北川選手は昨年の都市対抗でホームランを放ち、今年のドラフト候補として注目をされていたが、春先は他チームからマークにあい、またホームランを狙った打撃で結果が出なかった。しかしこの日の打撃では「チャンスでのボールの待ちかた。そういう打撃ができた」と納得をしていた。

北川選手は大阪桐蔭、創価大で捕手としてプレーし、大阪桐蔭時代は藤浪晋太郎投手、創価大では田中正義投手の球を、共に1年先輩として受けた経験がある。同じプロの舞台に上がることができれば後輩という事にはなってしまうが、社会人で成長した北川選手の打撃で、後輩を驚かせたい。

生田目投手が登板

日本通運は、9回にルーキーの 生田目翼投手が登板し、最速147キロを記録したストレートで1安打無失点に抑えた。「緊張はしたが力まずに変化球でストライクが入ったのは良かった」と話した。

生田目投手は流通経済大4年だった昨年、創価大の田中正義投手と共に注目された速球派右腕で、最速155キロを記録している。故障により昨年1年間はほとんど登板できず、プロ志望届を提出せずに日本通運へ進んだ。来年は注目投手の一人となるが、まずは都市対抗に1年目で登板ができた。

日本通運のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

昨年の入社1年目から4番を務め、同年の都市対抗では初打席で先制ソロ。ただ、主砲へのマークは厳しくなり、今大会の南関東2次予選ではボール球を強引に振る場面も目立った。「去年までは大学の貯金で打てていた。今は来た球を打つだけではいけない」。


PAGE TOP