社会人代表、大城卓三選手がまたホームラン、投打に充実しアジア選手権へ

藤岡裕大, 菅野剛士, 北村祥治, 田嶋大樹, 神里和毅, 大城卓三, 谷川昌希

侍ジャパン社会人代表はこの日、東京ガスとオープン戦を行い、5-2で勝利した。投手陣もまずまずの安定感を見せたほか、NTT西日本の大城卓三選手が一昨日の千葉ロッテ2軍との試合に続きホームランを記録、2試合で3本塁打と絶好調。

打線につながり

この日は初回、1番・北村祥治選手が四球で出塁すると、3番の藤岡裕大選手の左中間へのタイムリー2ベースヒットで先制した。2-2で迎えた7回には藤岡選手がヒットで出塁すると、笹川晃平選手もヒットでノーアウト1,2塁、そしてここできっちりとバントで1アウト2,3塁とし、大城選手の3ランホームランが飛び出した。

また9イニングの試合後に行われたタイブレークの練習では、神里和毅選手がタイムリーで2得点を挙げた。5番に入った菅野剛士選手も2安打を打ち、「合宿前からバッティングの調子が良いので、この調子を台湾でも持続させたい」と話す。

2試合で3本塁打を放った大城選手は「キャッチャーでもファーストでも、石井監督にやれと言われたポジションでチームの勝利に貢献したい」と話した。

投手も粘り

この日は阿部良亮投手が先発して3回1失点、続く鈴木健矢投手も2回1失点とまずまずのピッチング、6回からはリリーフ陣の平尾奎太投手が無失点、7回は谷川昌希投手が3三振を奪い無失点、8回はベテランの佐竹功年投手が、9回はNTT東日本の渡邉啓太投手が無失点で締めた。

またタイブレーク練習では田嶋大樹投手も登板し、セカンドへのけん制でランナーをアウトにすると、その後は2者連続三振で無失点に抑えた。

田嶋投手はリリーフでの適正も見せ、石井監督も「状況次第で後もある」とリリーフ起用の可能性も示唆した。田嶋投手も「どこでも対応できるようにしたい」と話した。

侍ジャパン社会人代表候補発表、10月2日からアジア選手権

 石井章夫監督は田嶋の起用法について「状況次第で後ろもある」とフル回転に期待。田嶋も「どこでも対応できるように」と話した。


PAGE TOP