ヤクルトドラフト5位、新日鐵住金広畑・坂本光士郎投手投手好投で前年覇者・トヨタ自動車を撃破

新日鐵住金広畑, 坂本光士郎

新日鐵住金広畑は社会人野球日本選手権の1回戦で、前年覇者のトヨタ自動車に勝利した。東京ヤクルトにドラフト5位・坂本光士郎投手が2番手で登板し、好投を見せた。

5回2/3を無失点

新日鐵住金広畑とトヨタ自動車の試合は、2回に新日鐵住金広畑が2点を奪い2-1と逆転したが、3回に先発の森本投手が1アウト3塁のピンチを招き、ここで東京ヤクルトにドラフト5位で指名された坂本光士郎投手が登板した。

坂本投手はサードゴロの間に1点を失い同点に追いつかれたものの、最速145キロの速球と得意のカットボールを投げ、8回までの5回2/3を5安打無失点に抑えてその後の失点を許さなかった。試合は2-2のまま延長に入り、10回に新日鐵住金広畑がサヨナラで勝利、坂本投手の好投が前年覇者のトヨタ自動車撃破につながった。

坂本投手は昨年の大会では初戦のJR東日本東北戦で先発し、7回2/3を2失点に抑える好投を見せたが、味方打線がJR東日本東北の西村祐太投手に完全試合をされ敗れていた。

「最後の大会なんで、どんな形でも抑えて勝ちたいと思っていた。自分のせいで負けることが多かったので、何か会社に残して出たいと思っていた」と話した坂本投手、まず一つ、大きな仕事をした。今大会さらに大きな仕事をして社会人野球から飛び立ちたい。

トヨタ自動車で、オリックスにドラフト4位で指名された富山凌雅投手は、不調のためベンチから外れた。

2018年ドラフト会議 指名選手一覧
新日鐵住金広畑のドラフト候補選手の動画とみんなの評価  

「最後の大会なんで、どんな形でも抑えて勝ちたいと思っていた。自分のせいで負けることが多かったので、何か会社に残して出たいと思っていた」

 昨年は1回戦のJR東日本東北戦で相手左腕・西村に大会史上初の完全試合を許した。坂本は7回2/3を2失点で投げ負けた。悔しさは忘れていない。スリークオーターから145キロを超える直球と武器であるカットボールを駆使し、勝ち越しを許さなかった。今年7月にコーチから昇格した浜口直也監督も「投手陣の踏ん張りが勝因」と称えた。


PAGE TOP