スポニチ大会初日、PL戦士・中山選手がホームラン、埼玉栄出身・米倉貫太投手登板など

中山悠輝, 河端優馬, 河野太一朗, 向山基生, 千葉英太, 小野大夏, 飯嶋海斗, 米倉貫太, 堀誠, 知念大成, 松浦友人

スポニチ大会初日は神宮球場で3試合、横浜スタジアムで3試合が行われた。岩槻川通の2試合はグラウンド不良で延期となった。最後のPL戦士・中山悠輝選手がホームランを放ち、昨年、埼玉栄で注目された米倉貫太投手がHondaで実戦デビューをした。

昨年注目投手など続々登場

Hondaと沖縄電力の試合では、Hondaが青学大出身のルーキーで昨年のドラフト候補として注目された河端優馬投手が先発、しかし4回を投げて4安打3奪三振5失点と乱調で降板をした。それでもチームは5回に一挙8点を奪うと、健大高崎出身の2年目で監督が今年に期待する小野大夏投手が登板し、2安打で1失点をしたものの、おりゃーという声とともに最速146キロの力のある球を投げた。

そして7回には昨年のドラフトで183cmから146キロの速球を投げて注目された埼玉栄出身の米倉貫太投手が登板し、1回を1安打1四球で無失点に抑えた。きれいなフォームは安定もしていたが、先頭打者に四球を与えるなど、まだ制球面に不安を見せた。それでもランナーを2人背負ってからも、144キロを記録したストレートやカーブなどを織り交ぜ、レフトフライとセカンドゴロに打ち取り、1回を無失点に抑えた。

沖縄電力も沖縄尚学で146キロの速球を投げた180cm左腕の知念大成投手が登板、最速は141キロでまだ荒々しい投球だったが、2回を2安打2四球で無失点に抑える力を見せた。

NTT東日本vsトヨタ自動車東日本の試合では、NTT東日本の先発・堀誠投手が抜群の制球力に変化球の織り交ぜを見せ、6回3安打5奪三振1失点の投球を見せ、東海大出身のルーキー、飯嶋海斗投手も140キロ前半だが横から角度のある球を投げて1回2奪三振無失点に抑えた。また、法政大出身のルーキー・向山基生選手が2番センターで出場し、初回にレフトオーバーの2ベースヒットなど2安打を記録した。

トヨタ自動車東日本は、千厩高校でプロが注目した2年目の千葉英太投手が先発し、3回1/3で7安打6失点で降板をしてしまうが最速146キロの力のある球を見せていた。

東海理化vs東京ガスの試合は、プロ注目の立野和明投手が登板をしなかったが、法政大出身のルーキー・河野太一朗投手が1回1/3を2安打1失点、九州国際大出身の左腕・松浦友人投手は、キレイな上から振り下ろすラインのある球を投げており、143キロの力のある速球を見せ、2回をノーヒット1奪三振無失点に抑えた。立野投手について奥山監督は「今日はブルペンだったが、12日以降は展開次第で登板させる」と話しており、やや出遅れているのか、この寒い時期に無理はさせない方針なのかもしれない。

そして東京ガスではPL学園から東京ガスに進み5年目となる中山悠輝選手が4回に打った瞬間にわかるホームランをレフトスタンドに放り込んだ。中山選手は2017年からドラフト候補として名前が挙がるが昨年は故障で苦しんだこともあり苦しんだ。そのドラフトでPL学園の後輩で東洋大の中川圭太選手が指名され、「最後のPL戦士」と呼ばれたが、「中川が最後とは言わせない。今年に懸ける思いは強い」と話し、今年のドラフト会議での指名を目指す。

昨年秋は侍ジャパンU23代表入りし、その後、肉体改造をしてパワーがさらに増した。185cm90kgでサードの動きもしっかりとしており、走っている姿もバネがある感じがある。まだ23歳で大卒社会人1年目と同じ年代で、年齢的にも若い。今年、このようなホームランを続け、また試合で躍動感ある守備や走塁を見せ続けられれば、ドラフト会議での指名は高くなる。勝負をかけてほしい。

スポニチ大会組み合わせとドラフト注目選手

沖縄電力のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
Hondaのドラフト候補選手の動画とみんなの評価
NTT東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
トヨタ自動車東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
東海理化のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
東京ガスのドラフト候補選手の動画とみんなの評価

右の強打者としてドラフト候補に挙がりながら故障に泣いてきた。しかし、昨年に侍ジャパンU23代表入りを機に肉体改造し、成果が出た。今年オリックス入りした1年後輩の中川がPL最後のプロ入りと言われているが「中川が最後とは言わせない。今年に懸ける思いは強い」とプロへの思いを口にした。


PAGE TOP