東芝・宮川哲投手152キロも四球から失点、岡野祐一郎投手は2戦連続完封

東芝, 岡野祐一郎, 宮川哲

東京スポニチ大会は決勝トーナメントが行われ、東芝は準決勝で岡野祐一郎投手が予選リーグに続いて完封勝利を挙げた。決勝ではドラフト注目候補の宮川哲投手が152キロを記録したが、四球から3失点し優勝を逃した。

宮川投手152キロ

予選リーグでは149キロの速球とカットボールのキレに、広島の苑田スカウト部長も「このままいけば1位候補」と評価されていた宮川哲投手、決勝戦で満を持しての登板をした。

球速は自己最速タイの152キロを記録し、5回まではキレの良いカットボールも冴えて1安打9奪三振の圧巻の投球を見せた。しかし6回、2アウトから内野安打を許すとそこから2つの四球を与えておかしくなり、3つの暴投も絡んで3失点をし降板した。宮川投手は「この反省を生かして、都市対抗予選、本戦ではやります」と話した。

宮川投手は大学時代はここまで球速はなかったが、安定感抜群の投球を見せ、4年生秋のリーグ戦では6勝0敗の成績を残している。社会人に入ってから球速は抜群に伸びたものの、途中から崩れる所もあり、このままでもドラフト会議では指名は確実だが、この課題を克服できればドラフト上位で指名される。これから春のJABA大会、また都市対抗予選で7回くらいを無失点に抑える投球を続けたい。

岡野投手2戦連続完封

この日の準決勝で東芝はSUBARUと対戦したが、予選リーグで完封勝利を挙げている岡野祐一郎投手が、この日も9回を投げて6安打8奪三振、1四球で完封勝利を挙げた。

岡野投手はこれで2戦連続完封、今大会では140キロ前半でやや球威を落としながらも、インコースをしっかりと突き、変化球を織り交ぜ結果を残すことができた。昨年のドラフト会議では指名漏れとなったが、その後、行われた日本選手権では力強いストレートを投げ、ドラフトで指名された投手と同じくらいの投球を見せていた。

社会人からプロ入りした投手でも、プロのキャンプでさらに成長を見せる選手がいる。岡野投手も、昨年よりも良い部分を見せ、また球速も150キロを目指してまだ伸びる余地があることをプロにアピールしたい。

東芝のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
2019年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト

先発したドラフト上位候補の宮川が最速152キロをマークするなど5回まで1安打9奪三振の力投。ところが6回に2死から内野安打と2つの四球から3つの暴投も絡み3失点。これが決勝点となった。

左打者の内角を突く140キロ前半の速球に、変化球をまじえてSUBARU打線につけいる隙を与えなかった。134球を投げ、被安打6で8奪三振。予選リーグのJFE西日本戦(12日)でも6安打で完封しており、これで18イニング連続無失点となった。


PAGE TOP