JFE西日本・河野竜生投手が149キロで7回2安打完封、12球団スカウト「間違いない」

JFE西日本, 河野竜生

社会人野球JABA岡山大会で、今年の社会人NO.1左腕のJFE西日本・河野竜生投手が登板すると、自己最速の149キロを記録し7回2安打完封勝利を挙げた。

7回コールド

西濃運輸戦に先発した河野竜生投手、これまでは最速148キロだったがこの日は6回に自己最速となる149キロを記録、「生命線としている真っすぐで、打者に向かっていけた」と話すように攻めのピッチングで5回2アウトまでパーフェクトピッチングを見せていた。

その後、ヒットを許したものの味方が7点を奪い、7回に7-0でコールド勝利、7回2安打で完封勝利した。「初回と整備後の6回を大事にしている。試合の後半にいいボールを投げたいと思っているので、ギアを上げられたのはよかった」と話し、ペース配分も完ぺきだった。

スカウト陣評価

この日は12球団30人以上のスカウトが集結した。

◎広島・白武スカウト部長:「これでまた株が上がったね。評価は変わらないし、上位なのは間違いない。」

◎巨人・渡辺スカウト:「真っすぐに力があるし、スライダーがいいところから曲がっている。」

◎東京ヤクルト・橿渕スカウトグループ次長:「完璧な内容。スライダーの見極めが難しいから、バッターが翻弄されている感じ。」

◎阪神・山本スカウト:「修正能力が高くなった。安定した左投手は少ないし、順調に成長している。必ず上位候補になる。」

◎千葉ロッテ・永野チーフスカウト:「ストライク率が高くてテンポが良い。直球でバッターを押し込めているね。」

社会人NO.1左腕という評価は固まっていると思うが、ドラフト2位までの指名は間違いない。そして今年のドラフト候補では、上位級どころか指名される可能性の高い左腕投手というのも非常に少なく、現時点で指名が確実とされるのは横浜高・及川雅貴投手とこの河野投手しかいない。

左腕投手は各球団が獲得を目指す貴重な存在で、即戦力左腕投手の欲しい所は高校生投手を外した後にも1位で河野投手を指名するかもしれない。

2019年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト
2019年度投手-左投のドラフト候補リスト

広島・白武佳久スカウト部長 これでまた株が上がったね。評価は変わらないし、上位なのは間違いない。
▼巨人・渡辺政仁スカウト 真っすぐに力があるし、スライダーがいいところから曲がっている。
▼ヤクルト・橿渕聡スカウトG次長 完璧な内容。スライダーの見極めが難しいから、バッターが翻弄(ほんろう)されている感じ。
▼阪神・山本宣史スカウト 修正能力が高くなった。安定した左投手は少ないし、順調に成長している。必ず上位候補になる。
▼ロッテ・永野吉成チーフスカウト ストライク率が高くてテンポが良い。直球でバッターを押し込めているね。

20歳のエース左腕河野に球場内の視線が集まった。「生命線は真っすぐ」と常時140キロを超える直球に変化球を交え、4回まで無安打。5回に初安打されたが「初回と6回にギアを上げられた」と6回には149キロで自己最速を更新した。


PAGE TOP