日本ハムドラフト1位・河野竜生投手が8回1失点も敗退

JFE西日本, 河野竜生

社会人野球日本選手権では、北海道日本ハムがドラフト1位で指名したJFE西日本の左腕・河野竜生投手が先発し、好投を見せたもののチームは2-1で敗れた。

2回に立ち直る

日本製鉄鹿島戦で先発したJFE西日本の河野竜生投手は初回、1番バッターから全員が初球を狙い撃ちし、いい当たりながら2アウトとしたものの、3番・福盛選手に3ベースヒットを許し、4番の高畠選手にタイムリーヒットで、わずか4球で1失点をした。「もうひとつコースが甘く、制球が良くなかった」と話した。

しかし2回に味方が同点に追いつくと立ち直り、140キロ前半ながらキレのあるストレートと大きなスライダーを駆使し、そのストレートがインコースに狙って投げられるようになると相手も沈黙した。8回までを投げて7安打1失点、5奪三振3四死球で1失点という内容で1-1の同点で降板をした。試合は延長12回のタイブレークで日本製鉄鹿島がサヨナラで勝利し。河野投手の社会人野球が終わった。

最速151キロを投げるが、この日の最速は145キロで球速帯としては普段より1,2キロ遅い感じ、特に初回は130キロ台も多く真っすぐのコントロールもアバウトだった。しかし、調子が上がり2回以降は普段の球速帯となり、打者が詰まるようになると自信を持って投げられコントロールも良くなった。「高校時代に比べて体力もついたし、精神力が一番成長した」と話すとともに、プロへの課題について「制球力」と答えた。

昨年のこの大会で3試合に先発して全て完投、2試合で完封しチームを準優勝に導いてから1年、プロ注目左腕として今年1年間注目をされ続け、北海道日本ハムにドラフト1位で指名された。「若い自分を軸として投げさせてもらった。普段からアドバイスをくれたスタッフ、監督さんには感謝しかありません。プロで成長した姿を見せたい」と去るチームへ感謝し、「ずっと先発でやってきたので、プロでも先発をしたい」と話し、先発左腕としてのプロでの活躍を誓った。

2019年ドラフト会議、指名選手一覧

17日のドラフト会議から9日。この日の最速は145キロ止まりだった。目まぐるしい1週間に調整の時間は限られたが、言い訳は一切なし。「高校時代に比べて体力もついたし、精神力が一番成長した」。社会人野球で過ごした3年は、強靱(きょうじん)なメンタルにつながった。

前回大会準優勝から一転、まさかの初戦敗退に「勝利に導けずに悔しい」と真っ赤な目で話した。即戦力として期待がかかる来季に向け「プロではさらに制球力を磨きたい」と飛躍を誓った。

初回に1点を失うと、八回に連続与四球で1死一、二塁としたところで降板。「若い自分を軸として投げさせてもらった。普段からアドバイスをくれたスタッフ、監督さんには感謝しかありません。プロで成長した姿を見せたい」と恩返しを誓っていた。


PAGE TOP