来年のドラフト1位候補、トヨタ自動車・栗林良吏投手が9回13Kで完封

トヨタ自動車, 栗林良吏

社会人野球日本選手権は、トヨタ自動車がクラブ選手権優勝のマツゲン箕島硬式野球部に1-0で勝利した。来年のドラフト1位候補、153キロ右腕の栗林良吏投手が9回4安打13奪三振で完封した。

最速151キロ

栗林良吏投手は名城大時代に153キロの速球を投げプロから注目されるも、リーグ戦では圧巻の投球を見せる中で大舞台ではなかなか好投ができず、トヨタ自動車に進んでいた。

そしてこの日、全国の舞台の初戦、クラブチームだが選手権で優勝をしている強豪を相手に初回こそ1アウト1,2塁のピンチを背負ったものの、「変な緊張感があったけど、初回のピンチでスイッチが入りました。あそこを抑えられたのが大きい。」と話し、このピンチを抑えると2回以降は、151キロのストレートと高速カットボールで次々と三振を奪った。「気持ちを入れた球を投げれば抑えられると思っていたので、気持ちを入れました」と話した。

大舞台でようやく栗林投手の素晴らしい投球が見られた。150キロ前後のストレートは微妙に動く球でクセもある。社会人に入り初の9回完投に、「全力で投げても9回を投げきれると分かった。自信になりました。次も初回から飛ばしたい」と話し、大きな自信をつけた。

来年はドラフトイヤーとなる。その力はもうわかっている。あとは都市対抗予選や本戦の大舞台で、大観衆の前で、この日のような投球ができればドラフト1位間違いなしと評価を得る事になるだろう。

2020年ドラフト指名予想
2020年のドラフト候補
社会人野球日本選手権(2019)、対戦カードと注目選手

「全力で投げても9回を投げきれると分かった。自信になりました。次も初回から飛ばしたい」。名城大でもドラフト候補に挙がったが、社会人へ。ステップアップを実感する全国初白星だった。

 1―0で2大会ぶりの初戦突破に導き「期待に応えられてよかった。社会人になって9回を投げるのは初めて。自信になる」と声を弾ませた。名城大時代はノーヒットノーランも達成した新人右腕。この日最速の151キロ直球にカットボール、カーブを織り交ぜ、2回以降は二塁を踏ませぬ快投だった。


PAGE TOP