2020年注目のドラフト候補~社会人野手4月号~

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

2020年の注目の社会人野手のドラフト指名予想をしてみます。

社会人野手のドラフト上位候補

氏名チーム投打 身体/体重評価
NEW 今川優馬JFE東日本右右 176/84B+

JFE東日本の今川優馬選手はJX-ENEOSとのオープン戦で4安打、1本塁打の活躍を、4球団のスカウトに見せた。その今川選手をDeNAがマークしており、大砲候補として指名がありそうだ。ただし上位指名に入るには他球団の評価も高めていく必要があり、春の公式戦のほとんどが無くなったものの、少ない機会で確実にアピールしたい。

その他、ドラフトで指名されそうな社会人野手

氏名学校投打 身体/体重評価
NEW 保坂淳介NTT東日本右右 180/86B+
岡田耕太JFE東日本右右 174/82B+
峯本匠JFE東日本右左 173/78B+
吉田叡生Honda右左 173/83B+
片山勢三パナソニック右右 176/98B+
中野拓夢三菱自動車岡崎右左 172/65B-
高瀬雄大明治安田生命右左 178/70B+
上川畑大悟NTT東日本右左 167/63B
嶋谷将平JR西日本右右 180/83B+
NEW 鈴木聖歩JR東日本東北右左 172/77B
逢澤崚介トヨタ自動車左左 175/81B+
越智達矢日本生命右右 178/79B+
向山基生NTT東日本右右 186/82B+
長沢吉貴東芝右左 172/62B+
野村勇NTT西日本右右 175/80B-

NTT東日本は上川畑大悟選手が巨人2軍との交流戦で2安打2打点と好守備を見せ、東京都企業大会でも内野安打2本に3四球で全ての打席で出塁した。守備はプロレベルと評価がある中で、打撃と足でアピールし続けることができれば、指名は確実レベルになる。

またNTT東日本では保坂淳介捕手選手が巨人2軍との試合で2安打1打点、強肩が注目されており、打撃でアピールが続けたい。向山基生選手は昨年冬のアジアウインターリーグでは17本のヒットに2本塁打を放つなど活躍していた。まだ候補として名前が挙がっていないが、公式戦が始まったら結果を残したい。

社会人1年目で活躍を見せたが、昨年は不調だったパナソニックの片山勢三選手、今年にかける意気込みを見せていたが、春の大会や日本選手権が中止となったことは痛い。特に、地元大阪で行われる日本選手権は絶好のアピールの機会だった。

JR東日本東北の鈴木聖歩選手は、明治大とのオープン戦で、広島、DeNAのスカウトの前で2安打1打点の活躍、DeNAスカウトから「スイングが強い。振れる力はある」と評価された。

指名順位予想

最後に2019年のドラフト候補と比較して、指名順位を予想してみる。上記でリストアップした選手の中でも指名の可能性が高い選手に絞る。ただ、昨年は指名がわずか3人だった事も考えると、これでもかなり期待値が加算されている。

順位2019年2020年
1~2位小深田大翔 大阪ガス
佐藤直樹 JR西日本
今川優馬 JFE東日本(2位予想)
3~4位 向山基生 NTT東日本
上川畑大悟 NTT東日本
保坂淳介 NTT東日本
中野拓夢 三菱自動車岡崎
野村勇 NTT西日本
嶋谷将平 JR西日本
5位以下柘植世那 Honda鈴鹿鈴木聖歩 JR東日本東北
片山勢三 パナソニック
岡田耕太 JFE東日本
高瀬雄大 明治安田生命
長沢吉貴 東芝
吉田叡生 Honda

2020年度-社会人捕手のドラフト候補リスト
2020年度-社会人内野手のドラフト候補リスト
2020年度-社会人外野手のドラフト候補リスト

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント