2020年注目のドラフト候補~社会人投手4月号~

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

2020年の注目の社会人投手のドラフト指名予想をしてみます。1月の予想から少し変動しています。

社会人投手のドラフト上位候補

氏名チーム投打 身体/体重評価
NEW 小野大夏Honda右右 177/75B+
森井絃斗セガサミー右右 184/94A
NEW 伊藤優輔三菱日立PS右右 178/71B+
栗林良吏トヨタ自動車右右 177/80
松本竜也Honda鈴鹿右右 179/80B+
山本晃希かずさマジック右右 182/82B+

1月予想に挙げた森井絃斗投手は、広島との交流戦で4回4安打1失点も150キロを記録し4球団が視察、東京企業大会では東京ガス戦で8回途中2失点の粘りの投球を見せ、先発投手として順調に来ており、プロの評価も変わらず安定している。トヨタ自動車の栗林良吏投手は、今年の投球についての情報は少ないものの、阪神・畑山統括が「順調にいけば上位候補でしょう」と評価し、社会人投手の最上位の評価は変わらない。

日本製鉄かずさマジックの155キロ右腕・山本晃希投手も、北海道日本ハムとのプロアマ交流戦で3回2安打4奪三振無失点、9球団のスカウトの前で力を見せた。評価は栗林投手や森井投手ほどではないものの、このようなチャンスでしっかりとアピールをしており、上位候補に残した。

またHondaの小野大夏投手は、広島2軍との交流戦で1回1安打1奪三振無失点も、DeNA,千葉ロッテのスカウトが視察し、千葉ロッテの永野スカウト部長が「思った以上の良いボールを投げていた」と評価した。三菱日立パワーシステムズの伊藤優輔投手も日大とのオープン戦で148キロを記録し、7回4安打6奪三振で無失点という安定した内容を見せ、スカウトの視察情報はなかったものの、公式戦が始まれば評価は高まっていきそうだ。

そして注目はHonda鈴鹿の松本竜也投手。1月に行われた中日のスカウト会議で、ドラフト1位候補として挙げられた12人の中に名前があった。智弁学園から社会人入りし、1年目、2年目の実績はあまりない。しかし視察した中日の清水スカウトが高く評価をしており、今年、大きくブレークする可能性がある。

その他、ドラフトで指名されそうな社会人投手

氏名学校投打 身体/体重評価
青島凌也Honda右右 178/84B+
佐々木健NTT東日本左左 179/85A
青野善行日立製作所右右 177/68B+
平川裕太鷺宮製作所右右 172/75B+
西田光汰JR東日本右右 178/75B+
藤井聖JX-ENEOS左左 175/78B
川瀬航作日本製鉄広畑右右 182/85B+
大江克哉NTT西日本右左 176/75B+
馬場康一郎シティライト岡山右右 186/87B+

鷺宮製作所の平川裕太投手は、国際武道大とのオープン戦で7回無失点、中日など3球団が視察すると、東京都企業大会でもJPアセット証券戦で6回5安打2失点と好投を見せている。

成長途中のNTT東日本・佐々木健投手も東京都企業大会で1回を投げて三者三振を奪い、プロ入りを目指すとした。また、伊藤将司投手、西田光汰投手も好投をみせている。西田投手は昨年もドラフト候補だったが肘の手術を行い、今年に向けて調整をしていた。練習ではすでに自己最速タイの147キロを記録しているという。NTT西日本の大江克哉投手も150キロの球を投げ、投球を見せれば上位候補に入ってくる可能性もある。

指名順位予想

最後の2019年のドラフト候補と比較して、指名順位を予想してみる。

順位2019年2020年
1~2位河野竜生 NTT西日本
宮川哲 東芝
立野和明 東海理化
太田龍 JR東日本
浜屋将太 三菱日立PS
栗林良吏 トヨタ自動車(1位予想)
森井絃斗 セガサミー(2位予想)
小野大夏 Honda(2位予想)
伊藤優輔 三菱日立パワーシステムズ(2位予想)
松本竜也 Honda鈴鹿(2位予想)
山本晃希 かずさマジック(2位予想)
3~4位岡野祐一郎 東芝
鈴木健矢 JX-ENEOS
西田光汰 JR東日本
5位以下瀧中瞭太 Honda鈴鹿佐々木健 NTT東日本
青野善行 日立製作所
川瀬航作 日本製鉄広畑
青島凌也 Honda
平川裕太 鷺宮製作所
馬場康一郎 シティライト岡山

2020年度-社会人投手のドラフト候補リスト

2020年注目の社会人のドラフト候補~投手編~
2020年の注目の社会人投手のドラフト指名予想をしてみます。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント