名古屋学院大で18本塁打記録し中日が注目した秦琢真選手が、ジェイプロジェクトで来年ドラフト目指す

中日ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

昨年まで愛知大学リーグ2部でプレーし、中日のスカウトが注目した名古屋学院大の秦琢真選手が、ジェイプロジェクトで来年のドラフトを目指す。

スポンサーリンク

リーグ戦で18本塁打

秦琢真選手は180cm93kgの右のスラッガーで、昨年までプレーした名古屋学院大は、愛知大学リーグの2部だったものの、リーグ戦通算18本塁打を記録し、練習試合も含めると32本塁打を放っている。

いなべ総合高校では高校通算10本塁打だったが、土岐商・勝野昌慶投手(2018年中日ドラフト3位)からホームランを放っている。大学に進むと本格的にスラッガーとして開花し、1年秋のリーグ戦では名古屋経済大の中尾輝投手(2016年ヤクルトドラフト4位)からホームランを放つと、ホームランを放った。

昨年秋の入れ替え戦では、愛知学院大と対戦をしたが、豊田市運動公園球場の場外へホームランを放った。中日のスカウトも注目をしており、「もしかすると」とプロ志望届を提出したものの、指名はなく「熱心に誘ってくれた」というジェイプロジェクトへ進むことを決めた。

「来年ダメだったら、野球はやめる。格好いいことを言いました?」と話す秦選手、そのために今年は春からアピールをする予定だったが、新型コロナウイルスの影響で公式戦、オープン戦も中止となった。それでも「社会人の投手は、速さも切れも違う。相当頑張らないと打てないと思う」と打撃のトレーニングを続け、活動が再開してからの活躍を目指す。

社会人野球も都市対抗の予選が夏から始まる。その予選と共に、本戦にチームとして、あるいは補強選手として出場し、東京ドームで一発を放ちたい。

2021年度-社会人のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
「来年ダメだったら、野球はやめる」ジェイプロジェクトの新戦力・秦琢真 プロ注目スラッガーの覚悟は本物(中日スポーツ) - Yahoo!ニュース
 社会人野球、ジェイプロジェクト(愛知)に期待のスラッガーが加わった。愛知大学野球リーグ2部の名院大から入社した秦(はだ)琢真内野手(22)は、大学時代に公式戦通算18本塁打を記録。昨秋のドラフトで
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント