NTT西日本・大江克哉投手が、20日に阪神2軍戦で対プロ初投球

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース

150キロの速球を投げるNTT西日本のドラフト候補・大江克哉投手が、20日に阪神2軍との試合で先発をする予定であることが分かった。

スポンサーリンク

プロ初対戦

大江克哉投手は大学は花園大で140キロ後半の速球を投げ、リーグ戦ではMVP,最優秀投手などを獲得していたが、プロ2軍との交流戦などはなかった。

NTT西日本に進み、1年目の昨年は都市対抗、日本選手権で共にベスト8入りに貢献する投球を見せ、今年は社会人屈指の右腕として注目される。そして6月20日に、阪神2軍との練習試合が予定されており、プロ入りに向けたアピールの場として先発が予定されている。

プロ初対戦となる大江投手は、「あまり緊張しないタイプなので」と話したが、「人間なので、状態がいい時ばかりではない。悪い時にどう修正して、まとめることができるか」と話し、結果を重視するとした。

NTT西日本では、元阪神、オリックスの野田浩司氏が投手コーチをしており、大江投手に「もともと能力がある投手だが、ちょっとしたコツをつかんだと思う。全球種を同じフォーム、タイミング、リリースで投げられる」と評価する。スライダー、カットボール、チェンジアップ、そして野田コーチの武器だったカーブを習得し、幅の広い投球をする。

新型コロナウイルスの影響による休止の前から体重を4kg増やし、「受けてくれる捕手には球が重くなったと言われます」と話す。その蓄えた力を20日に開放し、素晴らしい投球を見せてくれそうだ。

2021年度-社会人投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
あの日本記録右腕も太鼓判!NTT西日本・大江 総合力武器にプロとの初対決に挑む - スポニチ Sponichi Annex 野球
 今秋ドラフト候補のNTT西日本・大江克哉投手(23)が13日、改めて強いプロ志望を示した。最速150キロ直球を軸に精度の高いカットボール、チェンジアップなどで安定して試合をつくる右腕は「プロは目標の場所。数少ないチャンスをモノにしたい」と話した。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント