JR東日本・伊藤将司投手リリーフ登板2回1失点、DeNAが評価

社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

JR東日本のプロ注目左腕・伊藤将司投手がオープン戦で登板し、横浜DeNAの河原スカウトディレクターが評価をした。

スポンサーリンク

リリーフ登板

大学でも社会人でも先発が多かった伊藤将司投手がこの日、東芝とのオープン戦で6回1アウト3塁の場面で登板をした。

持ち味の緩急をつけた投球を見せたが2回3安打1失点、それでも、「変化球でカウントを取ることができたし、ゴロを打たせることもできた」とリリーフでの登板の感覚を確かめた。

この日は、横浜DeNAの河原スカウトディレクターが視察をしたが、「打者をしっかり見られるし、投球がうまい。もっと仕上がってくるでしょうね」と評価した。

パワー型左腕投手が増えていく中で、伊藤投手が制球とテクニックでプロでもどこまで行けるのかを見てみたい気もする。またプロでもさらに球速を伸ばせる可能性もあると思っており、楽しみな選手だと思う。

2020年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

視察した横浜DeNAの河原スカウト部ディレクターは「打者をしっかり見られるし、投球がうまい。もっと仕上がってくるでしょうね」と期待した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント