白樺学園・片山楽生投手はNTT東日本入り!148キロ右腕が強豪で成長目指す

高校野球ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

昨年の明治神宮大会でチームをベスト4に導き、今年148キロを記録してプロモ注目した白樺学園の片山楽生投手が、NTT東日本に内定した。

スポンサーリンク

ドラフト指名漏れ

片山楽生投手は昨秋の明治神宮大会で140キロ前後ながら伸びのあるストレートを武器に、8回1/3を投げて国士舘高を3失点に抑えて勝利し、ベスト4入りを果たした。

今年に入ると新型コロナの影響で出場を決めていたセンバツ、そして春の大会が中止となってしまったが、その春先に最速148キロを記録しプロも注目した。しかし夏の北北海道大会は初戦でクラーク国際に敗れ、甲子園交流戦でも山梨学院戦で5回4安打2失点と結果を残せなかった。

プロ志望届けを提出し、ドラフト会議で指名を待った。しかし「厳しいと分かっていたが、順位が下がるうちに、もしかしたら呼ばれるのかなという期待も出てきて。終わってみたら指名漏れ。本当に悔しかった」と話した。

その片山投手は、今年の都市対抗で準優勝をしているNTT東日本に進むことが決まった。NTT東日本からは今年のドラフト会議で、佐々木健投手が埼玉西武にドラフト2位で指名されており、来年も153キロ右腕の稲毛田渉投手、火ノ浦明正選手などが注目される。

片山投手は「非常にいい会社に入れてもらえた。高卒新人は自分1人。1、2年目で土台をつくってレベルアップし3年後、ドラフト上位で呼ばれるような選手になりたい」と話す。

おそらく3年後、このページでもドラフト候補として何度も紹介することになるだろう。178cm81kgの体をさらに強化し、あの伸びのある球を140キロ中盤の球速帯で投げたい。

NTT東日本のドラフト候補選手の動画とみんなの評価
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2020年高校生プロ志望届提出選手一覧
高校生のプロ志望届提出選手一覧と、その選手の特徴や簡単な紹介です。8月13日に17名が追加され合計78名になりました
2020年ドラフト会議、主なドラフト指名漏れ選手
評価されていた選手の中で、ドラフトで指名漏れとなった主な選手を挙げます。

昨秋は、明治神宮大会で4強に入るなど結果を出し、プロの注目を浴びるようになった。春先に最速148キロをマークも、それ以降は思うような成果を出せなかった。今夏の北北海道大会は初戦でクラークに敗退。8月の甲子園交流試合の山梨学院戦も先発し5回4安打2失点と、不完全燃焼に終わった。ドラフト当日は複雑な心境で中継を見つめていた。「厳しいと分かっていたが、順位が下がるうちに、もしかしたら呼ばれるのかなという期待も出てきて。終わってみたら指名漏れ。本当に悔しかった」と振り返った。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント