セガサミー・横山楓投手に9球団視察、DeNA編成部長「自信を持って投げている」

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 横浜DeNAドラフトニュース

セガサミーが日本製鉄かずさマジックとZOZOマリンスタジアムでオープン戦を行い、プロ注目の153キロ右腕・横山楓投手が登板した。横浜DeNAの編成部長が評価をしている。

スポンサーリンク

2回5奪三振

横山楓投手はこの日、4回から登板をすると、最速148キロの速球に得意のフォークボール、さらにカーブを織り交ぜ、2回で5つの三振を奪った。2回1安打5奪三振無失点だった。

横山投手は宮崎学園、国学院大でも注目されていたが、社会人に進むと主にリリーフとして登板し、小さなテイクバックから最速153キロのストレートと、安定した変化球を投げ、ドラフト指名解禁となる今年、ドラフト候補として注目されている。

この日も9球団のスカウトが視察をし、横浜DeNAの進藤編成部長は「球威があり、自信を持って投げている」と投球の姿勢などを評価した。

今年の社会人野球の投手では、三菱自動車倉敷オーシャンズの廣畑敦也投手が頭一つ抜け、ドラフト1位での指名が有力視されているが、右腕ではそれに次ぐ位置にいるのが横山投手だと見られる。

ドラフト会議では特にリリーフの即戦力右腕を求める球団を中心に、ドラフト3位までに指名されるのではないかと思う。

2021年度-社会人投手のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

今秋ドラフト候補で最速153キロ右腕の横山楓投手(23)は4回から登板し、2回を1安打無失点。最速148キロの直球に落差の大きいフォーク、カーブを織り交ぜて5三振を奪った。9球団のスカウトが視察し、DeNA・進藤達哉編成部部長は「球威があり、自信を持って投げている」と評した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント