阪神、近日中にドラフト1位候補の高校生投手と面談を開始

高校野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神は近日中にドラフト1位指名候補の高校生投手と、面談を開始することがわかった。

スポンサーリンク

10月11日

今年はドラフト会議が例年よりも早い10月11日に行われるため、プロ志望届を提出した選手との面談の期間も短く、有力選手に12球団のスカウトが面談が殺到し、時間の争奪戦になることも考えられる。

また球団としても少ないスカウトの人数で、面談を効率良くこなす必要があり、阪神もプロ志望届を提出した選手にはすぐに面談を行う構えを見せる。

この日は市和歌山・小園健太投手がプロ志望届提出者として公表され、近日中に面談を行う予定で、他にもノースアジア大明桜の風間球打投手や高知の森木大智投手、天理の達孝太投手の動向も注視していく。

阪神は一昨年は西純矢投手、及川雅貴投手などドラフト6位までに5人の高校生を指名、昨年は佐藤輝明選手、伊藤将司投手、中野拓夢選手など8位までに7人の即戦力の選手を指名した。

現在は優勝争いをしており、今年のドラフト会議では補強ポイントの指名も予想されるが、ドラフト上位は将来のエースになれる投手の指名となりそうで、森木投手、小園投手、風間投手、達投手などの指名が有力視される。

2021年高校生プロ志望届提出選手一覧
2021年の高校生のプロ志望届提出選手一覧と、その選手の特徴や簡単な紹介です。9月27日は7名が追加され、合計159名になりました。本日が提出締め切りですが、明日以降に掲載される可能性もあります。
阪神タイガース、過去のドラフト指名一覧
阪神タイガース公式ページ 阪神タイガース関連のドラフト掲示板 阪神タイガースのドラフト指名予想 阪神タイガース過去のドラフト指名 過去3年間:投手11名(右7、左4)、野手13(捕3...

未来のエース獲得を狙う。阪神が10月11日のドラフト会議に備え、近日中にも上位指名候補の高校生投手との面談を開始することが6日、分かった。1位候補と目される高知・森木大智投手、市和歌山・小園健太投手をはじめ、天理・達孝太投手ら金の卵たちに球団の熱意を伝える。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント

  1. 面談なんかあんの?
    超人気候補だけじゃないんか