社会人NO.1左腕・三菱重工Westの森翔平投手、「上位はゆるがない」評価受けドラフト会議を待つ

社会人野球ドラフトニュース 2021年ドラフトニュース

三菱重工Westの森翔平投手は、社会人NO.1左腕としてドラフト1位指名を待つ。

スポンサーリンク

150キロ左腕

森翔平投手は、関西大4年秋の投球が非常にインパクトが大きく、140キロ後半のストレートは非常に伸びがあり、変化球のキレも抜群だった。

それから2年、三菱重工Westでドラフト解禁年となった今年だが、立ち上がりに失点する課題を見せ、調子が乗り切らないままで降板する投球も見られていた。

しかし、9月16日の都市対抗近畿地区2次予選・パナソニック戦では、球速とともに抜群の球威を見せ、9回3安打10奪三振の投球を見せた。この投球を見た広島、オリックスなど8球団のスカウトの評価は非常に高く、東京ヤクルトの橿渕スカウトグループデスクは「上位は揺るがない。絶対に24人に入る」と語った。

スタミナに魅力のある森投手、立ち上がりをクリアすれば、後は9回でも140キロ後半の伸びのある球を投げ続けられる。先発左腕としてローテーションで投げられる可能性がある。

社会人NO.1左腕としてドラフト会議を待つ。大学生左腕の隅田知一郎投手、黒原拓未投手、佐藤隼輔投手、山下輝投手が注目される中で、森投手も外れ1位などで指名される可能性は高いと見られる。

2021年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

どっしりとした下半身でタメをつくり、テークバックの小さいフォームから、140キロ台中盤の直球を投げ込む。変化球はカットボール、チェンジアップの切れが良く空振りを奪える球種だ。ヤクルトの橿渕聡スカウトグループデスクが「上位は揺るがない」と高い評価を口にする。社会人では三菱自動車倉敷オーシャンズの右腕・広畑とともに、即戦力として堂々のドラフト1位候補となった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント