国士舘大が推薦合格者を発表、桐蔭学園・横塚博亮投手、健大高崎・三木敬太投手、谷田泰生選手は慶大・谷田成吾選手の弟

大学野球ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 国士舘大は推薦合格者を発表した。帝京の外野手・谷田選手は、慶応高校で通算76本塁打を記録し、昨年のドラフト候補にもなった谷田成吾選手(慶応大)の弟。今年の夏の修徳戦で2ランホームランを放つと、9回裏に起死回生の同点ホームランを放ち、サヨナラ勝利に貢献した。兄同様の長打力に期待がかかる。

 注目選手は桐蔭学園・横塚投手。中学時代は世田谷シニアで全国制覇した天才投手。一関シニアだった大谷翔平と対戦し勝利している。またその後、AA世界選手権(現・U15選手権)の日本代表に、大阪泉北ボーイズの藤浪晋太郎などと共に選ばれると、エースとして登板した。桐蔭学園では伸び悩んだものの、3年生の時に力を見せ始めた。

 健大高崎・三木投手は170cmと小柄な左腕だが135kmのストレートは低めに伸び、甲子園でも活躍した。稲毛・松尾投手は181cmから130km後半の重い球を投げる素質を持っている。

 多くの素材型の選手いる。成長して4年後にドラフト1位候補になって欲しい。

ポジション名前高校
投手三木敬太健大高崎
武内頌太丸亀城西
横塚博亮桐蔭学園
松尾雄亮稲毛
野村侑司修徳
福永翼鹿児島商
藤沢佑之横浜隼人
捕手中村竜也横浜商大高
林崎龍也浦和学院
内野手豊住一穂滋賀学園
松下崚鳴門渦潮
豊田亮介藤嶺藤沢
森口寿樹磐田東
浅井章太朗市立船橋
田中頼人桐光学園
外野手谷田泰生帝京
巻口拓郎聖望学園

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント