横浜商大が初練習、西宮悠介投手、岩貞祐太投手に福岡ソフトバンクが視察

大学野球ドラフトニュース 福岡ソフトバンクドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 横浜商大は5日に初練習を行い、ドラフト注目の左腕、西宮悠介投手と岩貞祐太投手に福岡ソフトバンクのスカウトが訪れた。

 スポーツ報知によると、佐野日大出身の西宮悠介投手は、高校時代に当時中大のエースだった沢村拓一投手が毎年母校に挨拶に来たときに「自分で努力をしなければうまくならない」と激励を受けていたようで、沢村投手について「遠い存在だけど近づきたい。」と話し、今年の目標について「できればプロに行きたい」とプロ志望を口にした。

 岩貞祐太投手と共に左腕コンビとして注目される1年間となると思うが、まずはリーグ戦で優勝し大学選手権に出場することで、実績と注目度が上がるはずだ。まずは神奈川リーグ戦で昨年の明治神宮大会で優勝している桐蔭横浜大に勝利しなければならない。

 福岡ソフトバンクは武田翔太投手、東浜巨投手と2年連続で右腕エースを獲得し、今年は地元九共大に大瀬良大地投手がいるものの、桐光学園・松井裕樹投手など左腕投手の獲得を目指しているようだ。和田毅投手、杉内俊哉投手の左腕で一時代を築いており、大瀬良投手よりも左腕投手の獲得を目指すかもしれない。

 

 今秋ドラフト候補の横浜商大・西宮悠介投手(3年)が“沢村魂”でプロの舞台を狙う。5日、ソフトバンクのスカウトが視察に訪れる中、神奈川・横浜市の同大練習場で始動。栃木・佐野日大高出身で、巨人・沢村の3年後輩の148キロ左腕は「遠い存在だけど近づきたい。できればプロに行きたい」と意気込んだ。

 

 高校時代、中大で活躍する沢村は毎年、挨拶に訪れ、先輩から「自分で努力をしなければうまくならない」とゲキを飛ばされ、他の投手より努力するようになった。憧れの先輩に近づくためにも、神奈川大学リーグ4季ぶりVに導いてみせる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント