北海道日本ハムがスカウト会議、1位指名を桐光学園・松井裕樹投手など14人に絞り込む、道都大・西藤昭太投手も狙う

高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 北海道日本ハムドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 北海道日本ハムがスカウト会議を開き、ドラフト1位候補を14人に絞った。また全体でも85人に絞り込んだ。

 1位候補には桐光学園・松井裕樹投手、九共大・大瀬良大地投手など投手9人、大阪桐蔭・森友哉捕手、日本生命・小林誠司捕手、福岡大・梅野隆太郎捕手の捕手3人、それに野手2人に絞り込んだ模様。

 また、地元北海道、道都大の146km/h右腕・西藤昭太投手をドラフト候補としてリストアップした。西藤投手は鵡川高校時代もドラフト候補に名前が挙がった投手で、道都大では146km/hのストレートを投げ、昨年のオリックスドラフト2位・佐藤峻一投手に続く2番手として安定感のあるピッチングを見せた。道都大は巨人からドラフト2位指名された大累進選手など、ドラフト候補を一気に輩出している。

 1位指名14人を予想してみると、投手の残り7人に入りそうなのは、JR東日本・吉田一将投手、パナソニック・秋吉亮投手、JX-ENEOS・三上朋也投手、慶大・白村明弘投手、青学大・斎藤英輔投手、明大・岡大海投手、横浜商大・岩貞祐太投手、愛知学院大・荻野大起投手、PL学園・前野幹博投手、智弁学園・吉川雄大投手、報徳学園・乾陽平投手、聖隷クリストファー・鈴木翔太投手、関東一・中村祐太投手あたり、また野手2人には東海大甲府・渡邉諒選手、仙台育英・上林誠知選手、JR東日本・田中広輔選手が入っているだろうか。

 捕手の候補を3人リストアップしている事から捕手を補強ポイントとしているようで、ドラフトで1人は指名するかもしれない。

 

 日本ハムは15日、キャンプ地の沖縄県名護市内でスカウト会議を開き、今秋のドラフト会議の1位候補として松井(神奈川・桐光学園高)や大瀬良(九州共立大)ら14人をリストアップした。全体では85人となった。

【日本ハム】道都大・西藤をドラフト候補に - スポーツニッポン:2013/2/15

 日本ハムは15日、沖縄・名護キャンプの宿舎で今季2度目のスカウト会議を行い、今秋のドラフト候補に道都大の本格派右腕・西藤昭太(3年)を道内出身で唯一、リストアップした。

 

 鵡川時代に09年春の甲子園に出場し、初戦で菊池(現西武)を擁する花巻東に0―5で敗れたが、最速146キロの剛腕として注目を浴びた。昨秋の札幌6大学リーグ戦では、オリックスにドラフト2位で入団したエース・佐藤峻一に次ぐ先発の柱として、3勝無敗、防御率0・00で、最高殊勲選手賞を受賞。初の明治神宮大会出場に大きく貢献した。

 

道都大からは、大累進遊撃手も昨秋ドラフト2位で巨人入り。偉大な先輩たちに続き、今年は西藤が道産子の星として、プロの熱視線を浴びる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント