立教大の1年生・佐藤拓也選手がホームラン、田村伊知郎投手が6回4失点

丸子達也, 慶大, 東大, 早大, 横尾俊建, 谷田成吾, 田村伊知郎, 立大, 佐藤拓也, 石井一成

 東京六大学の新人戦は、1,2年生の活躍でリーグ戦で3位に入った立教大が勢いを見せた。

 リーグ戦防御率1位の2年生・斎藤俊介投手や防御率2位の1年生・沢田圭佑投手は登板しなかったが、この日は報徳学園出身の田村伊知郎投手が先発、6回を投げて7安打4失点と納得のピッチングではなかったが、1番センターに入った浦和学院の佐藤拓也選手が1本塁打など4打数2安打2打点の活躍で6-4で慶応大に勝利した。

 慶応大は谷田成吾選手が4打数2安打、横尾俊建選手が5打数2安打1打点とさすがの活躍を見せたがリーグ戦の勢いのまま6-4で敗れた。

 一方、東大vs早大の試合は東大が早大先発で昨年甲子園にも出場した黄本創星投手から初回に3点を奪って4-1で勝利した。早稲田大は作新学院出身の石井一成選手が2安打も、道端俊輔選手、丸子達也選手が1安打に抑えられて敗れた。

 佐藤拓也選手と石井一成選手は秋はリーグ戦でやってくれそうな感じだ。3年後のドラフトが楽しみな選手。

 立大は1番に座った佐藤拓が、本塁打を含む2安打2打点の活躍をみせた。

 2回に中越え三塁打を放つと、4回には高めの直球を豪快に右翼席に運んだ。浦和学院出身の1年生は「手応えは良かった。秋に向けてつなげられたらいいと思う」と振り返った。また、3番の酒井田は2回に逆転の左越え3ラン。「リーグ戦で出場機会を増やせるようにアピールしたい」と話した。


PAGE TOP