桐蔭横浜大・横山弘樹投手が8回途中まで10奪三振無失点、東北福祉大がまた1年生の好投で勝利

大学野球ドラフトニュース 2016年ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 大学野球選手権3日目、桐蔭横浜大は愛知大との対戦で187cmの横山弘樹投手が先発した。

 序盤は制球を乱していたが無失点で立ち上がると、徐々にフォークが良いところに沈んで空振りを奪えるようになると、ストレートも制球されるようになった。結局7回2/3を投げて5安打10奪三振、4四死球も無失点と好投した。ストレートは130km/h台後半で体を開き気味に投げる所があり、ドラフト会議という視点で見ると、社会人などでもっともっと成長してからプロ入りして欲しいと思えた。

 8回2アウトからは小野和博投手がノーヒット無四球で打者4人を片付ける流石のピッチングを見せた。昨年秋の王者・桐蔭横浜大が順調に勝ちあがり、今日、昨秋に完封勝利を挙げている亜細亜大と対戦する。

 東北福祉大vs日本文理大の試合では、日本文理大が6人の投手を繋いだものの3失点、ドラフト候補の浦塚翔太投手が登板しなかった。一方東北福祉大は左腕エースの高橋陽平投手が4回1/3を2安打無失点に抑えると、2番手で昨年、日本文理高校でドラフト候補だった1年生の波多野陽介投手が登板、4回2/3を無安打無四球で7奪三振とパーフェクトリリーフを見せた。

 波多野投手は140km/h前後のストレートにキレがあり、得意のスライダーで空振りを奪った。プロでも通用する球だと感じた。東北福祉大は昨日も出口心海投手と城間竜兵投手の1年生コンビが登板している。波多野投手も含めて素晴らしい投手陣となりそうだ。

  最後の打者を三振に切って取ると、力強いガッツポーズで勝利の雄たけびを上げた。今大会初登板初勝利に波多野は「直球が走っていたので、早めに追い込んで勝負できた」。5回1死三塁で登板し、打者を決め球のスライダーで空振り三振に打ち取り、飛び出した三塁走者を本塁で刺す併殺でピンチを脱すると、その後は失策の2人しか走者を出さなかった。春のリーグ戦登板はわずか2試合、1回1/3だけだが「フォームが固まり調子がよくなってきた」と起用した山路哲生監督(46)の期待に応えた。

 尊敬する先輩の力になった。2009年夏の甲子園で新潟県勢最高成績の準優勝となった主将の伊藤直輝投手(4年)に憧れ、高校(日本文理)、大学と同じ道を歩んできた。甲子園出場も果たし、2年時の春夏に2度登板。今年ようやく一緒にプレーできることになった。右肘痛の影響で公式戦登板のない伊藤。この日の試合前にはキャッチボールの相手を買って出てくれた。波多野は「先輩のために結果を出したかった」。伊藤は「思い切り投げろとだけ伝えた。頑張ってくれました」とたたえた。

 12日の1回戦・近大戦で先発した出口心海、救援した城間竜兵両投手に続き1年生が快投。これで大会通算51勝となり、50勝で並んでいた法大を抜き、55勝の東海大に次ぐ単独2位となった。14日の日体大(首都大学)との準々決勝も「どんな場面でも無失点に抑えるだけです」(波多野)。1年生らしいはつらつとした姿をマウンド上で見せる。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント