杉浦稔大投手は2回2失点、梅野隆太郎選手は4打数2安打1打点

大学野球ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 日米大学野球第1戦、ドラフト1位候補の国学大・杉浦稔大投手が3番手として6回2アウトから登板、7回は1安打も無失点に抑えたが、8回に先頭打者にヒットを許すと死球でランナーをため、ライムリーヒットと外野手のエラーで2失点した。

 野手では法大の河合完治選手が初回にセンターオーバーの2ベースヒットで出塁すると、続く梅野隆太郎選手のセンター前ヒットでホームを踏み1得点した。梅野選手はDHでの出場だったが8回にもヒットを放ち4打数2安打1打点を記録した。

 上武大の三木亮選手も3打数1安打1打点と活躍を見せ、ドラフト候補として評価を挙げた。

 国内での敗戦は許されない。出場を希望しながら選ばれなかった選手がたくさんいる。投打に奮起を求めたい。

第39回日米大学野球選手権大会  - 全日本大学野球連盟:2013/7/6

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント