法大・西浦直亨選手、木下拓哉捕手はプロ志望、河合完治選手、大城戸匠理選手は社会人へ

西浦直亨, 河合完治, 大城戸匠理, 木下拓哉, 法政大

 法政大のドラフト候補カルテットの進路が大きく分かれることになった。

 今春のリーグ戦で打率.488記録して首位打者となった外野手の大城戸匠理選手と、打率.438でリーグ3位の成績を残したセカンドの河合完治捕手がプロ志望届けを提出せずに社会人入りすることを決めたようだ。大城戸選手は50m6.0秒の足と遠投110mの強肩のある会社で1番センターとしてチームを引っ張ったが、今秋のリーグ戦は打率.167と低迷している。

 また河合選手は中京大中京時代に堂林翔太選手などとともに夏の甲子園で優勝を収め、大学でも1年生の秋に打率.350を記録した。今秋のリーグ戦は調子を落としていたが徐々に打率を.286と徐々に挙げている。打てるセカンドとして日米野球でも活躍を見せていた。

 4番を打ち春に3本塁打を記録した大型遊撃手・西浦直亨選手と、184cm88kgの体でセカンドに矢のような送球を投げてプロからも評価されている木下拓哉捕手はプロ志望届けを提出する。プロ注目の遊撃手と捕手の候補で、西浦選手については指名が確実とみられる。木下選手は大学3年時までは名前も挙がっていたが、今年は森友哉選手や若月健矢選手、梅野隆太郎選手や、嶺井博希選手、桂依央利選手、小林誠司捕手といった高校生、大学生、社会人に捕手の逸材が揃い、これらの選手の状況による事になりそうだ。

 法政大では多木裕史選手がプロ入りを断念しトヨタ自動車に、土井翔平捕手も大阪ガスに進み、プロ入りしたのは三嶋一輝投手(2012年横浜DeNA、ドラフト2位)だけだった。

プロ志望届  - ニッカンスポーツ紙面:2013/10/8

 


PAGE TOP