東洋大がキャンプイン、1年生・飯田晴海投手が開幕候補に

大学野球ドラフトニュース 2017年ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 東都2部の東洋大が茨城県神栖市でキャンプインした。2部昇格を目指す東洋大だがエース・能間隆彰投手が卒業しエース不在の中で、高橋監督は今年常総学院から入部する飯田晴海投手を「チームの中心」と話し、新エース候補としている。

 

エース不在

 昨年の2部リーグ、エースの能間投手が春は4勝2敗、秋は5勝1敗を上げ、秋の入れ替え戦では2連敗となってしまったものの2戦とも先発を任された。2戦目は東洋大姫路時代に注目された原樹理投手や東京ヤクルト・増渕選手の弟で同じく高校時代に注目された増渕雅也投手などが先発を任されたが、結果を残すところまで行かなかず、期待された投手の伸び悩みが目立つ。

 その苦しい投手事情の中で高橋監督は、甲子園で好投し18U日本代表としてもプレーした常総学院出身の飯田晴海投手に期待をかけている。飯田投手は最速141km/hと球速はまだまだだが、球の伸びと抜群の制球力があり、昨年夏の甲子園では北照を4安打7奪三振で完封すると、仙台育英、福井商を1失点に抑えて完投した。準々決勝では優勝した前橋育英と対戦し、8回まで2-0と完封ペースだったが、9回裏のマウンドに上がったところ、両足がつり、熱中症の疑いで降板してしまう。後続の投手が同点に追いつかれ、延長10回にチームはサヨナラで敗れたが、その投球は鮮烈さを残した。

 1年目から活躍できるものを持っていると思う。175cmと身長が高くない飯田投手にとっては、大学、社会人で実績を積むことがプロへの道となりそうだ。高校時代にバッテリーを組んでいた内田靖人選手は東北楽天にドラフト2位で指名されプロ入りした。また同じ舞台でプレーするためにも1年目から勝負を挑む。

 

上級生にも刺激

 今年3年生となる世代は、原樹理投手をはじめ波崎柳川高校で145km/hを記録していた肥後勇輝投手など、プロ注目の投手が多かった。特に原樹理投手はドラフトでも上位候補に名前が挙がるなど注目されていた。今年3年生となり来年がドラフトイヤーとなる。今年の成績が非常に重要になってくる。1年生に負けるわけには行かない。

 また今年から東都2部は各大学のグラウンドで試合が行われ、観客数も視察するスカウトの数も減る事が予想される。1部に昇格する事で目に触れる機会が増え、プロ入りのチャンスが広がる。そのためにもチームを1部に押し上げる事が大切になってくる。

 

 

 東都大学野球2部リーグの東洋大が24日、茨城・神栖市内でキャンプイン。注目はルーキー・飯田晴海投手=175センチ、75キロ、右投右打=だ。常総学院では昨夏の甲子園8強に導き、昨年の18Uワールド杯では楽天・松井とともに高校ジャパンの軸として準Vに貢献。高橋監督は「チームの中心」と開幕投手候補と明言。飯田は「ストレートの質にこだわりたい」。最速141キロの球速に磨きをかけ、大学野球の舞台に乗り込む。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント