早大が福岡ソフトバンク3軍に勝利、永山スカウト部長が中村奨吾選手を評価

大学野球ドラフトニュース プロアマ交流戦 福岡ソフトバンクドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 前日は明治大学と試合を行った福岡ソフトバンク3軍は、この日は早稲田大とプロアマ交流戦を行った。早稲田大は中村奨吾選手のヒットを放ち、福岡ソフトバンクの永山スカウト部長が評価をした。

ドラフト1位候補、中村奨吾選手

 初回、早稲田大のドラフト1位候補・中村奨吾選手が、福岡ソフトバンクの大場翔太投手からヒットをセンター前にヒットを放った。この試合は4打数1安打だったが中村選手は、「走塁への意識や追い込まれてから粘りが勉強になった」とプロの打者が意識の高さを感じ取っていた。

 この打撃には視察した福岡ソフトバンクの永山スカウトも「中村君は上でもやっていけるモノを持っています」と評価した。セカンドなど内野を守り、大学日本代表では3度の決勝打を放つなど勝負強いバッティングが持ち味の中村選手、獲得を狙っている球団は少なくないとみられる。

 

有原航平投手は登板せず

 この日は有原航平投手の登板を期待しメジャーのスカウトなども集まったようだが登板はなかった。

 先発したのは来年のドラフト候補・吉永健太朗投手、日大三で優勝し大学1年でMVPを獲得した投手だが、その後調子をくずしている。この日は初回に1失点したものの5回まで1失点に抑える好投をみせ、復活への一歩となるか。今年秋が来年のドラフトに向けての勝負の時となる。

 早稲田大はその後、1年生の大竹耕太郎投手、北浜竣介投手、そして最後は150km/h右腕の柳沢一輝投手が締めた。大竹投手が1失点したものの3人とも期待の投手で、福岡ソフトバンク3軍を2失点に抑えて8-2で勝利した。

 中村は初回2死、大場の直球を捉えて中前へチーム初安打。得点には結び付かなかったが、初のプロとの対戦に「走塁への意識や追い込まれてからの粘りは勉強になった」と刺激を受けた様子。試合も5、6回に計7得点を奪い逆転勝ち。視察したソフトバンク・永山スカウト部長は「完敗でした。中村君は上(プロ)でもやっていけるモノを持っています」と太鼓判。

 早大は27日、ソフトバンク3軍とのオープン戦に8-2で勝利した。ドラフト上位候補のエース右腕・有原は登板せず、同じくプロ注目の内野手、中村主将は4打数1安打で「どこという意識は特に持たずに普通に打席に入った」。プロとの初対戦にも冷静だったが「走塁、打席での粘りとか意識が、親にお金払ってもらってやってる自分らとは違う」と貴重な体験になったようだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント