仙台大・熊原健人投手がノーヒットノーラン、来年のドラフト上位候補

大学野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 仙台大の3年生・熊原健人投手が仙台六大学リーグの東北学院大戦でノーヒットノーランを達成した。

最速147km/h、10奪三振

 春のリーグ戦で4勝0敗を挙げてチームを優勝に導いてMVPを獲得、大学野球選手権でも初戦の福岡大戦で延長10回を5安打8奪三振で1失点完投勝利した熊原健人投手、最速152km/hを記録してこの夏に侍ジャパン大学代表入りしてハーレムでも登板した。

 この秋も開幕戦で完封して良いスタートを切ったものの、その後は勝ち星に恵まれずに優勝争いから脱落してしまう。それでもこの日の最終節・東北学院大戦ではリーグの強豪チームを相手に9回130球を投げて0安打10奪三振、3四死球を与えただけでノーヒットノーランを達成した。

 

来年のドラフト1位候補に

 この日は最速147km/hを記録し球威も復活してきた。遅い2勝目となったものの、来年に向けて大きな記録となった。

 熊原投手には今季の開幕試合で巨人のスカウトが視察に訪れるなど早くも注目している。制球や球威の点でもう1レベル上げて欲しいが、球速は魅力十分。ノーヒットノーランを達成した事も、投球以外の精神的な強さ評価される事になる。

 来年のドラフト会議も楽しみにになってきた。

 「7回ぐらいから周りに(ノーヒットノーランを)言われていたけど、狙ってやるものではない。丁寧に投げた結果だと思う」と冷静に投球内容を分析した。 優勝した春にMVPに輝き、大学日本代表にも選ばれた来秋のドラフト候補だが、今季は開幕戦完封の1勝のみ。この日は最速147キロを計測して速球に本来の球威が戻り、快挙で2勝目を手にした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント