大商大・岡田明丈投手に7球団のスカウト視察、最速145km/h記録

大学野球ドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 関西六大学の開幕試合は金曜日に雨のためノーゲームとなり、12日が開幕の仕切り直しとなった。10日には大商大の岡田明丈投手や吉持亮汰選手などの視察に11球団のスカウトが集まったが、この日も7球団のスカウトが視察に訪れた。

7回途中無失点

 岡田明丈投手はこの日は「MAXで投げたボールは無かった」と調子としてはあまり良くなかったようだが、それでも球速は145km/hを記録し、龍谷大打線を7回0/3で5安打7奪三振で無失点に抑えた。四死球は0、打者のインコースにも配球できるコントロールを持っており、不調でも好投できる力がある。

 視察した東北楽天の三輪スカウトは「プロでもきっちり内角を突ける投手は少ない。秋まで見ていきたい投手」と話し、コントロールを評価した。183cmの本格派で148km/hを投げる右腕は、秋までに評価をぐんぐん上げてゆきそうだ。

 龍谷大は吉持選手が1番で4打数1安打、また4番DHで2年生ながら1年時から4番を打っている榎本和輝選手が座り、この日は5打数2安打2打点を記録した。高校時代から注目されたスラッガーが順調に力を付けているようだ。

大阪商業大学のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2015年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

 プロ注目の岡田は7球団のスカウトが見守る中、七回途中無失点の好投。「MAXで投げたボールはなかった」と言いつつも、直球の最速は145キロを計測した。きっちり打者の懐を突ける制球力を兼ね備えており、楽天・三輪スカウトは「プロでもきっちり内角を突ける投手は少ない。秋まで見ていきたい投手」と評価した。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント