北海学園大・川越誠司選手に6球団スカウト、148km/h左腕で50m5秒台の足

川越誠司, 北海学園大

 北海学園大の川越誠司選手にプロ6球団のスカウトが視察に訪れた。

小学生時代、ファイターズジュニアに選出

 川越誠司選手は175cmとそれほど大きな体ではないが、投げては3年生春に148km/hを記録し、打っても3年生秋の打率.400、1本塁打、9打点を挙げている。50m5秒台の足もあるようで、体に瞬発力を秘めている。

 小学生時代に北海道日本ハムジュニアに投手として選出され、北海高校では甲子園に出場し4番としてホームランも放った。打者として北海学園大に進んだが、3年生からは投手と二刀流でプレーするようになり、いきなり148km/hを記録、昨年秋は北翔大戦で1失点完投勝利を挙げた。

 

プロ6球団が注目

 この日は4番DHで出場し、5打数1安打だった。6球団のスカウトが集まり、「力が入ると思っていたので、しょうがない。」と反省も口にしたが、「打って、引っ張っていきたい」と打撃でチームを引っ張る事を話した。

 抜群の身体能力を持つ川越選手、リーグでは王者・道都大や、北海道東海大、北翔大などがひしめくが、その中で大学野球選手権出場にチームを導けば、その実績と共に全国大会でプレーを見せるチャンスにもなる。大きく道が拓けることになりそうだ。

2015年度-札幌学生リーグのドラフト候補リスト

2015年度-大学生投手-左投のドラフト候補リスト

結果は4打席目の9回先頭で放った中前打1本の5打数1安打だったが「力が入ると思っていたので、しょうがない。個人的に1本が出たのはこれからの試合で大きい」と前向きだった。


PAGE TOP