JABA京都大会準決勝、決勝を中日・落合GMなど7球団スカウト視察

中日ドラフトニュース 社会人野球ドラフトニュース 2015年ドラフトニュース

 JABA京都大会は準決勝、決勝が行われ、日本生命が優勝した。決勝ではエース左腕の清水翔太投手が7回1失点の粘投を見せた。この試合には中日落合GMなど7球団のスカウトが姿を見せた。

注目の対戦

 JABA京都大会の準決勝は、日本生命vs大阪ガス、パナソニックvsNTT西日本という大阪府の社会人チーム強豪が対戦する事になった。日本生命vs大阪ガスでは、大阪ガスのプロ注目投手・小畑彰宏投手が先発したものの、2回に日本生命の上西主起選手にタイムリーを浴びて1失点、5回、6回も失点を重ね、6回8安打3失点で降板した。日本生命はベテラン・佐川投手のピッチングで7回を投げて無失点に抑え決勝に勝ち進んだ。

 パナソニックvsNTT西日本、パナソニックは大商大出身のルーキー・安部健太投手が、NTT西日本は3年目になる吉川侑輝投手が先発し、5回まで無失点も6回にパナソニックが先制し、榎本亮投手、北出浩喜投手とルーキー投手で継投し、最後はベテランの田中投手が締めて完封リレーで勝利した。

 そして決勝戦、パナソニックは近藤大亮投手ではなく、ベテランの鶴川投手を先発に送ると、日本生命はエース左腕の清水翔太投手を先発に送った。清水投手は西部ガス戦で3回4失点と調子が良くなかったものの、この日は7回を5安打1失点と好投した。日本生命は、小林慶祐投手、山田和毅投手のリレーで何とか逃げ切り優勝を果たした。

 

7球団スカウト注目

 プロ注目選手が出場するという事もあり、この日は7球団のスカウトが訪れ、中日は落合GMも姿を見せた。小畑投手はこの日は先日のようなピッチングは見せられず、これまでも好投してもそれが持続しない感じだったが、まだ課題として残りそうだ。

 日本生命は清水投手が復活の投球を見せた。177cmの左腕で140km/h前半だがキレの良いストレートを投げる投手で、昨年の都市対抗でも好投を見せた。今年はJABA四国大会でも結果を残せておらず調子は良くなかったようだが、この投球がきっかけとなりそうだ。これから都市対抗予選などにはエースとして登板することになる。パナソニックの近藤投手は登板しなかった。

 今大会ではMVPは日本生命のベテラン・佐川投手が受賞、敢闘賞にはパナソニックのリリーフ・北出浩喜投手が選ばれた。北出投手は最速149km/hを投げる1年目の投手で、今大会はリリーフとして3試合に登板し、ストレートだけで三振を奪う回もあるなど力を見せた。

 また首位打者は18打数8安打で日本生命の原田拓実選手が獲得、天理高校から立正大でプレーした185cmの大型選手ながらサードやセカンドを守れる。今年2年目でドラフト解禁となる。注目してみたい。

日本生命のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

2015年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト

日生清水 7回1失点 スポーツニッポン紙面 2015/5/2

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント